読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

著名人によるオマージュ作品が集う「赤塚不二夫のビチュツ展」12/3から “大人の”おそ松くんも

カルチャー ヘッドライン



赤塚不二夫生誕80周年 80th ANNIVERSARY! |赤塚不二夫公認サイトこれでいいのだ!!

「赤塚不二夫のビチュツ展」 開催のお知らせ|赤塚不二夫生誕80年製作実行委員会のプレスリリース

赤塚不二夫生誕80年製作実行委員会が開催する同展では、約50点のパロディー・オマージュ作品を“ビチュツ作品”として展示します。参加クリエイターは、赤塚さんの娘である現代美術家・赤塚りえ子さん、写真家・荒木経惟さん、グラフィックデザイナー・宇川直宏さん、現代美術家・村上隆さんなど約20組。構成や展示デザインは、ブックデザイナーとして知られる祖父江慎さんが手掛けます。

原案になっている作品は「天才バカボン」「おそ松くん」など。イラストのタッチもさまざまで、赤塚作品の個性的なキャラクターと、クリエイターの持ち味が融合しています。

実行委員会は「この展覧会を通して赤塚不二夫が今なお、ジャンルや世代を超えた多くのクリエイターたちに愛され、インスピレーションを与え続けていることをご体感頂けるのではないか」と説明しています。

会場では、赤塚さんがまだマンガ家としてデビューしていない16~17歳ごろに制作した絵画作品も特別に初出展。赤塚作品のキャラクターグッズや、厳選されたコレクターアイテムも展示されます。

開催日時は12月3日(木)から12月16日(水)までの午前11時~午後8時。入場料はオリジナルバッジ付きで1,000円(税込)です。

文: あおきめぐみ

関連エントリー