読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

サンリオ発「SHOW BY ROCK!! MUSICAL」開幕 「まぶしさに目をふさがず、しっかり見て」



SHOW BY ROCK!! MUSICAL

「SHOW BY ROCK!!」は、バンドをテーマにしたサンリオ初のキャラクタープロジェクト。代表的コンテンツであるスマートフォン向けゲームアプリは、バンドを組んで音楽活動をするという“音ゲー”要素と、キャラクターの育成要素が組み合わさっています。2015年4月にはテレビアニメ版もスタートし、話題を呼びました。

舞台版では、人気キャラクター投票「2015年サンリオキャラクター大賞」で首位のポムポムプリンとわずか35票差で2位にランクインした「シンガンクリムゾンズ」と、そのライバル「トライクロニカ」の2大人気バンドを中心にしたオリジナルストーリーを展開。アニメ版の脚本・構成を担当した待田堂子さんによるストーリー原案のもと、劇団「丸福ボンバーズ」を主宰する福島三郎さんが、ゲームの世界観やキャラクター設定を忠実に再現しつつ、バンド活動にかけるメンバーたちのドラマを描きます。

物語の舞台は、ゲーム版やアニメ版にも登場した音楽都市「MIDI CITY」。弱小音楽事務所「BRR(BANDED ROCKING RECORDS)」に所属するシンガンクリムゾンズは、事務所の社長である有栖川メイプルが作った多額の借金を返済するために、莫大(ばくだい)な優勝賞金を得られるという音楽フェス「King of MIDI CITY Live Festival」に参加します。しかし、MIDI CITYで人気絶頂のアイドルバンド・トライクロニカも参加を表明したことで、焦るメンバーたち。フェスで優勝するための音楽を作り出すべく“地獄”の合宿へ向かったシンガンクリムゾンズの一方で、トライクロニカの“カリスマアイドル☆ヴォーカリスト”であるシュウ☆ゾーのもとには謎の男が忍び寄り……。シンガンクリムゾンズとトライクロニカの対決、男たちの真剣勝負、そしてメイプル社長の作った多額の借金返済の行方など、見どころが凝縮された内容になっています。

前方左から三津谷亮さん、米原幸佑さん、鳥越裕貴さん
後方左から橋本祥平さん、月岡弘一さん、輝馬さん、滝川英治さん

ゲネプロ前に行われた記者会見には、シンガンクリムゾンズのメンバーでクロウ役の米原幸佑さん、アイオーン役の輝馬さん、ヤイバ役の鳥越裕貴さん、ロム役の滝川英治さんと、トライクロニカのメンバーでシュウ☆ゾー役の三津谷亮さん、カイ役の月岡弘一さん、リク役の橋本祥平さんが登壇。公演の見どころについて、米原さんは「中二病感のあるところは昔の気持ちを思い出しながら全力でバカをやりつつ、音楽のシーンはかっこよく決めるというメリハリを意識した」と話し、輝馬さんは「歌でのバトルが新しい作品になっていますし、僕なりに一生懸命研究したアイオーンのイケメンぶりにも注目してほしい」とコメントしました。続く鳥越さんが「このすさまじい筋肉」と鍛え上げた腹筋を披露すると、周囲からは「自分で言うの?」というツッコミも。滝川さんは「個性がばらばらなシンガンクリムゾンズだけど、音楽が好きだという心でつながっている。わちゃわちゃしているけれど、ロムとシュウ☆ゾーの関係性など、締めるところは締めています」と語りました。

三津谷さんが「このキラキラした衣装に負けないくらい、自家発電したキラキラをお届けします。28歳のおじさんですが、頑張って若作りしているので」と話すと、鳥越さんは「大丈夫。いけてるいけてる」とフォロー。滝川さんが「ここに36歳おるぞ」と自身の年齢を主張すると周囲からは笑いが起こり、三津谷さんは「皆さんの力をお借りして、キラキラと輝けるように頑張ります。まぶしいと思うんですけど、目をふさがずにしっかりと見てください」と締めくくります。月岡さんは「楽器を弾いている双子の姿や、僕が声を掛ける『シュウ☆ゾーくん』のニュアンスの違いを楽しんでください」、橋本さんは「カイとの双子感を舞台上でどう出せるかと稽古場から考えてきたので、そういうところも見ていただければ」とそれぞれの見どころを語りました。

シンガンクリムゾンズ

ゲネプロでは、囲み取材での「個性がばらばら」という言葉の通りに、シンガンクリムゾンズの4人それぞれが強い個性を惜しみなく発揮。ばらばらのようでまとまっているという不思議な魅力を放ちながら、フェス優勝を目指す奮闘劇を繰り広げます。トライクロニカ側は、カリスマアイドルを体現するようなシュウ☆ゾーの動き一つ一つにも注目したいところ。そんな彼を支える、天真爛漫(らんまん)なカイとつつましいリクといった双子のやりとりも目が離せません。

トライクロニカ

劇中では、アニメ版でも流れた楽曲「Falling Roses」「Crimson quartet」「キミと☆Are You Ready?」に加え、舞台版オリジナルの楽曲「VERSES」「虚飾の旋律」を披露。オリジナルの2曲は、iTunes Storeなどで配信もスタートしました。

迎えた初日は、原作キャラクターを忠実に再現したキャストが登場するたびに客席から歓声が。コミカルなシーンではあちこちから笑いが起こり、ライブパートになるとグッズのペンライトを振りながら応援するファンの姿も見られました。ゲネプロでは「マイメロディ」だったロムのエプロンがこの日は「ぐでたま」になるなど、小道具の変化も注目ポイントかもしれません。カーテンコールでキャスト全員がそろうと拍手の音は一段と大きくなり、座長の米原さんが「ライブ中はもっと『きゃ~!』と叫んでほしい!」と呼び掛けると、会場には早速黄色い歓声が響きました。

「SHOW BY ROCK!! MUSICAL」は、2月16日(火)までの6日間で全10公演を上演。チケットは各プレイガイドやブルーシアターチケットで販売されています。

SHOW BY ROCK!! MUSICAL~唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!~

(C)2012, 2016 SANRIO CO., LTD
SHOWBYROCK!!製作委員会

<公演概要>

会場:Zeppブルーシアター六本木(東京都港区)
期間:2月11日(木・祝)~2月16日(火)

<キャスト>

クロウ:米原幸佑
アイオーン:輝馬
ヤイバ:鳥越裕貴
ロム:滝川英治

シュウ☆ゾー:三津谷亮
リク:橋本祥平
カイ:月岡弘一

クワガタツヤ:石川誠也
カブトモアキ:吉田雄樹
テントウムツミ:高樹京士郎
有栖川メイプル:野崎数馬
山之上メフィスト:木村靖司

ダンサー:高木裕和、石丸隆義、丸山泰右、中智紀

<スタッフ>

原作:サンリオ
脚本・演出:福島三郎
ストーリー原案:待田堂子
製作:セガ・ライブクリエイション
主催:SHOW BY ROCK!! MUSICAL製作委員会 / Zeppブルーシアター六本木運営委員会
Twitter:@SB69M

文: あおきめぐみ

関連エントリー