読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

洗濯表示、12/1から新しく 正しい洗い方が分かるアプリも登場



新しい洗濯表示|消費者庁

家庭用品品質表示法 | 消費者庁

従来の洗濯表示には、日本工業規格(JIS)にならった日本独自の記号が記載されています。しかし法改正により、12月1日からは国際規格(ISO)と同じ記号を使用することが決定。施行日以降は、店頭に並ぶ衣類などの洗濯表示も徐々に新しい表示(新JIS)へ切り替わります。

新しい洗濯表示は、5つの基本記号と付加記号に、任意の付記用語を組み合わせて記載されます。新たに加わった記号は、家庭での乾燥に洗乾一体型洗濯機や回転式衣類乾燥機などを使用できる「タンブル乾燥」や、色柄物にも使える漂白剤を示す「酸素系漂白剤」など。従来の洗濯表示にあった「中性」の付記用語やアイロンのあて布、「絞り方」に相当する記号はなくなります。

洗濯表示について教えてください(平成28年12月~) | 無印良品

SANYO 株式会社三陽商会|洗濯表示について

記号の種類が増え、表記がシンプルになるなど、これまでの洗濯表示とは大きく変化する新JIS。衣類を取り扱う良品計画などの企業は、新JISの読み取り方をサイトで紹介しています。

またライオンは、新JISに対応した洗濯判定アプリ「これ洗える?」をiOSとAndroid向けに無料で配信。タグに記されている新JISの記号をタップしていくだけで、その衣類が家庭で洗濯できるかを確認できます。洗濯できる場合の洗い方のコツも紹介されているので、衣類を傷めない洗い方が学べそうです。

アプリで簡単! お洗濯判定|おしゃれ着洗いに衣類用中性洗剤アクロン|ライオン

文: あおきめぐみ

関連エントリー