読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初演を経たからこそできる斬新なアプローチ 舞台『刀剣乱舞』再演で描く、刀と人の物語



舞台『刀剣乱舞』~ 2016年12月東京、2017年1月福岡・大阪公演決定!

マーベラスが制作した舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺は、5月に東京・大阪で初演を上演したストレートプレイの舞台作品です。再現度の高いキャラクタービジュアルや舞台で活躍する豪華なキャスト陣が集結したということもあり、公演チケットは“即完売”に。大千秋楽のライブビューイング上映は、平日開催にもかかわらず国内外で約4万人が参加するほどの人気を集めました。

隅々まで華やかで鮮烈 舞台『刀剣乱舞』が表現する“刀”から見た「本能寺の変」 - はてなニュース(初演ゲネプロの様子)

そんな熱気を帯びた同作の再演。初演から会場と公演数が増えたものの、チケットは前作と同様、いずれの会場でもすでに完売。好評を博した初演を踏まえてさらにファンの期待が懸かる中、千秋楽に当たる2017年1月17日(火)までの全37公演を、新たなキャストを加えた12振りの刀剣男士が駆け抜けます。

12月15日の初日公演に先駆けて行われた囲み取材には、出演する12振りの刀剣男士が登壇。初演から引き続き座長を務める三日月宗近役の鈴木拡樹さんは「初演と同じく『織田信長とは何者か』をテーマにお届けします。見てくださる皆さまに夢を与えられる作品だと強く感じていますし、そのためにもそれぞれがキャラクターにこだわり、勉強してきたものがこの板に乗ればいいなと思っています」と、再演への意気込みを示します。

印象的だったのは、多くのキャストが「前作よりもパワーアップしたものを届ける」と口にすると同時に「前作との違いを見つけて楽しんでほしい」と呼び掛けていたこと。鈴木さんが「歴史作品というと、僕は“たられば話”が面白いなと感じているのですが、この作品にもその要素があると思います」と言うように、同作の再演には再演だからこそ表現できる要素がそこかしこに隠されています。

初演と同じく脚本・演出を手掛けたのは、舞台「TRUMP」シリーズなどを生み出した末満健一さん。ただ初演の内容をなぞるのではなく、初演を経たことで物語に与えられる深み、刀剣乱舞という原作の世界観にも新たな解釈を加えるような描き方に、再演ならではの演劇的なアプローチを感じました。

宗三左文字役の佐々木喜英さんは「前作との違いを、ここはどういう意味で変わったんだろうと想像しながら見ていただくとより楽しめると思います」とコメント。薬研藤四郎役の北村 諒さんは「織田信長の元にあった4振りの刀(宗三左文字、薬研藤四郎、不動行光、へし切長谷部)の関係性や、織田信長に対する思いも前回より深まっていると思うので、そこに注目していただけたら」と呼び掛けます。

初演でも人気を集めた軍議シーンは再演でも健在。燭台切光忠役の東 啓介さんは「新キャストの鶴丸役・健人くん加わったことで、軍議もさらに面白くなるのではないかと思っております」とコメント。ゲネプロではお茶請けに「おはぎ」が登場していた

物語を動かす鍵となる不動行光を演じる椎名鯛造さんは「個人的には不動行光の成長物語だと思っている作品。みんなが笑顔のとき、不動行光はどういう顔をしているだろうというのも見ていただきたい。皆さんが好きな刀剣乱舞という世界観を楽しんでいただけたらと思います」と、楽しみ方を提案。再演から新しく加わった鶴丸国永役の健人さんは「初演を見て感じ取ったものやぞくぞくした気持ちを、再演でさらにお客さまに感じ取っていただけたらなと思います。殺陣は、より鶴らしく舞えるように稽古してきました」とのメッセージを送りました。

同作の見どころの1つとなっている殺陣は、新たな動きを加えるなど、前作以上に洗練された見応えのあるシーンに

最後に鈴木さんは「舞台の内容としましては『織田信長とは何者か』をテーマに今回も頑張っています。座組としてのテーマは『戦い続けられる座組でありたい』ということを心掛けて、前作に続いて今作でも戦っていきたいと思っています」と力強くコメント。また「世の中にはさまざまなことで戦っている方がいらっしゃると思います。その方の戦う勇気になれるように、我々が『表現』という形で戦い、皆さまの心に届けたいと思っています」と述べ、千秋楽まで全員で戦い続けるとの意思をあらわにしました。

(上段左から)小夜左文字役・納谷 健さん、江雪左文字役・瀬戸祐介さん、一期一振役・廣瀬大介さん、鯰尾藤四郎役・杉江大志さん、燭台切光忠役・東 啓介さん、鶴丸国永役・健人さん
(下段左から)へし切長谷部役・和田雅成さん、宗三左文字役・佐々木喜英さん、三日月宗近役・鈴木拡樹さん、山姥切国広役・荒牧慶彦さん、不動行光役・椎名鯛造さん、薬研藤四郎役・北村 諒さん

舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺の再演は、2016年12月30日(金)まで天王洲 銀河劇場で上演。その後、北九州、大阪を巡ります。大千秋楽に当たる2017年1月17日(火)の午後7時公演は、国内外の映画館でライブビューイングを上演。詳細は下記のサイトをどうぞ。

舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺| ライブビューイング

舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(再演)

刀ステ再演

(C)舞台『刀剣乱舞』製作委員会

<公演概要>
  • 東京公演:天王洲 銀河劇場
    • 2016年12月15日(木)~12月30日(金)
  • 福岡公演:アルモニーサンク 北九州ソレイユホール
    • 2017年1月7日(土)~1月8日(日)
  • 大阪公演:メルパルク大阪
    • 2017年1月12日(木)~1月17日(火)
<キャスト>

三日月宗近:鈴木拡樹
山姥切国広:荒牧慶彦
宗三左文字:佐々木喜英
江雪左文字:瀬戸祐介(新キャスト)
小夜左文字:納谷 健
薬研藤四郎:北村 諒
へし切長谷部:和田雅成
不動行光:椎名鯛造
一期一振:廣瀬大介
鯰尾藤四郎:杉江大志
燭台切光忠:東 啓介
鶴丸国永:健人(新キャスト)

森蘭丸:丸目聖人
明智光秀:窪寺 昭

<スタッフ>

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMMゲームズ/Nitroplus)
演出・脚本:末満健一
音楽:manzo・テルジヨシザワ
主催:マーベラス/ニトロプラス/東宝/DMM.com
Twitter:@stage_touken

舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺 公式ビジュアルストーリーブック

舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺 公式ビジュアルストーリーブック

文: あおきめぐみ

関連エントリー