読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ちゃお』2017年4月号を買うとロボット掃除機が付いてくる 少女マンガ史上初の家電付録を試してみた

Web・IT カルチャー ヘッドライン


f:id:hatenanews:20170303163233j:plain


今月号のちゃお|ちゃおランド

少女マンガにおける“史上初の家電付録”として用意された「プリちぃおそうじロボ CHI-01」は、篠塚ひろむさんのマンガ『プリプリちぃちゃん!!』をモチーフにしたロボット掃除機です。机の上を自在に走り、ほこりや小さなゴミを吸い取るという優れもの。自動で走るだけでなく、従来のロボット掃除機と同様に方向転換も可能です。

どんなふうに掃除をしてくれるのかを試すべく、実際に『ちゃお』2017年4月号を購入してみました。

f:id:hatenanews:20170303164459j:plain

f:id:hatenanews:20170303164656j:plain

ロボット掃除機は自分で組み立てるようになっています。箱から取り出してみると、本体や部品が並んでいます。

f:id:hatenanews:20170303164727j:plain

本体・モーター・カバー・吸い込み口パーツ・プロペラ・人形がセットに

[f:id:hatenanews:20170303164741j:plain

名前は「ちぃちゃん」

モーターは初めからコードとつながっているので、難しい作業は必要ありません。説明書に沿って組み立てていくとスムーズに完成します。

f:id:hatenanews:20170303165333j:plain

まずは本体を裏返し、吸い込み口パーツを本体から取り出します。

f:id:hatenanews:20170303165424j:plain

吸い込み口パーツを取り外すと、ゴミを入れるポケットが見えます。ゴミをキャッチするフィルターもあらかじめセットされていました。

f:id:hatenanews:20170303165530j:plain

青のコードとオレンジのコードがつながっているモーターを、本体に差し込みます。

f:id:hatenanews:20170303165659j:plain

続いて、2本のコードを指定された本体のはめ込み口にセットします。

f:id:hatenanews:20170303165848j:plain

f:id:hatenanews:20170303165938j:plain

裏返して、青いカバーをセットします。前後の向きを間違えないように注意しましょう。2本のコードはカバーの丸い溝に沿うように入れます。

f:id:hatenanews:20170303170121j:plain

カバーをセットする際は、力加減に注意しながら強めに押すとうまくはまります。

f:id:hatenanews:20170303170732j:plain

電源は単4形アルカリ乾電池2本(別売り)です。電池ボックスは本体の裏にあります。最後にちぃちゃんを差し込んで完成です。

f:id:hatenanews:20170303170700j:plain

早速電源をオンにして卓上を走らせてみました。想像よりモーター音はうるさくなく、スムーズに移動します。机の端まで来るとクルッと方向転換し、また自動走行を始めました。本や小さな物にぶつかった際も自動で方向を切り替えます。本体の前面にある2つの足のような部分が“センサー”の役割を果たしているようです。

f:id:hatenanews:20170303181509g:plain

想像以上のクオリティーでした。価格はもちろんのこと、少女マンガ誌の付録と考えるとさらに衝撃です。

f:id:hatenanews:20170303173702j:plain

しばらく机の上を走らせてみましたが、ほこりをしっかり吸い込んでいました。たまったゴミは本体を裏返してゴミ箱に捨てます。説明書によると、消しゴムのカスより大きなものは吸い込めないとのこと。また、自動走行中に机の上から落ちることもあるので注意が必要です。

f:id:hatenanews:20170303163233j:plain

2014年には、マンガを描く際に使用する電池式のライトボックス(トレース台)を付録にしていたこともある『ちゃお』。少女マンガ誌の付録は年々進化し続けています。


文:あおきめぐみ

関連エントリー