• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

『週刊 鉄腕アトムを作ろう!』創刊 家族の会話を覚えて成長する、AI搭載ロボット


f:id:hatenanews:20170405120958j:plain


週刊 鉄腕アトムを作ろう! 公式サイト│講談社

報道発表資料 : アトムがわが家にやってくる! | お知らせ | NTTドコモ

ATOMプロジェクトは、「来るべきAI時代に対応するため、日本の科学技術の象徴であり、長く人々から愛され夢を与え続けてきた“日本を代表するロボット・キャラクター”『鉄腕アトム』」を目指すという企画です。第1弾として、プロジェクトに参加する5社の強みを結集したというコミュニケーション・ロボット「ATOM」が登場しました。


f:id:hatenanews:20170405121023j:plain:w400

完成したATOMは、日常会話やしりとりなどのコミュニケーションが可能。最大12人の家族を認識し、それぞれの会話の内容を覚えて成長していきます。二足歩行やラジオ体操などのアクションも、滑らかな動きでこなすとのこと。ドライバー1本で組み立て可能で、組み立てが苦手な人に向けた代行サービスも用意されています。

プロジェクトでは、ロボティクスおよびロボットに搭載するOSとAIを富士ソフトが設計開発しました。ATOM本体のAIは、インターネット経由でNTTドコモの自然対話プラットフォームと接続。NTTドコモと講談社の共同開発で、クラウド上での「成長する会話力」を実現したそうです。ATOMの心臓・頭脳でもあるメインボードなどの基板実装(製造)と組み立て代行サービスは、VAIOが担当。会話のもとになるシナリオモデルの作成、出版コンテンツの開発、全体の企画、プロデュース、販売は講談社が手掛けています。


文:皆月なつみ

関連エントリー