読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華やかで美しい布作品やアクセサリー、靴下などが並ぶ「布博」 京都で2/4から2日間

京都 暮らし ヘッドライン



布博 in 京都 vol.4 – この春、“布”にまつわる一流の作り手たちが京都を彩ります。手紙社史上、最も華やかで鮮やかな2日間にあなたをご招待します。2017年2月4日(土)、2月5日(日)京都市勧業館みやこめっせ/入場料500円

手紙社が主催する布博は、布作品を手掛ける作り手が集う“布の祭典”として、2013年にスタートしました。5年目を迎える今年は、第1弾を2月に京都で、第2弾を3月に東京で開催します。

京都会場には、傘生地を使った小物などを扱う「イイダ傘店マーケット」、食をテーマにした大胆なテキスタイルを手掛ける「gochisou」、インドの職人とともに温かみのあるデザインを展開する「admi」など、60以上の作り手が参加。生地だけでなく、ハンカチやブックカバーなどの布小物、洋服、アクセサリーなども並びます。

会場内では色とりどりのユニークなブローチが集まる「ブローチ博」や、ひねりのあるデザインの靴下がそろう「靴下パーラー」も同時開催。おはぎ、パン、焼き菓子といったフードの販売や、ミュージシャンによるライブも実施されます。

開催時間は2月4日が午前11時~午後5時、2月5日が午前10時~午後4時。入場料は500円です。

文: 皆月なつみ

関連エントリー