読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

スマホ通話料節約のお供に 初期費用・月額0円で050番号が使える「SMARTalk」を正しく活用する



(※この記事はフュージョン・コミュニケーションズ株式会社によるPR記事です)

スマホの通話料をトコトン安くする | FUSION IP-Phone SMART
SMARTalk(公式アプリ) | FUSION IP-Phone SMART

―― ということで、IP電話サービス「IP-Phone SMART」や、公式アプリ「SMARTalk」を提供しているフュージョン・コミュニケーションズさんのオフィスにやってきました。まずはどんなサービスなのか大まかに教えてください。

鈴木 フュージョン・コミュニケーションズの鈴木です。このサービスは簡単に言うと「スマートフォンで利用できるIP電話サービス」です。「050」で始まる電話番号を提供しますので、それを使ってインターネット回線を通じて電話ができる、というものですね。ポイントは、

  • 国内の携帯・PHS・固定電話への通話が全て30秒8.4円
  • 初期費用・月額料金・留守番電話がすべて0円

の2点です。スマートフォンの現在の主要なLTEプランだと、同キャリア間で時間帯によって無料がある以外は、主要3キャリアとも一律30秒21円です。

■ 初期費用も月額費用も0円、通話料を安く、シンプルに

―― とすると、単純計算では60%安いわけですね。

鈴木 はい。もちろん実際には、各キャリアで同キャリア間の無料通話時間がありますから、うまく使い分けていただくと良いと思います。

―― 初期費用も月額料金も0円、というのは大きいですね。極端な話、とりあえず050番号をひとつもらっておこう、みたいなことができてしまうわけですが……大丈夫なんでしょうか。

鈴木 もともとのコンセプトが「初期費用も月額費用も0円、通話料を安く、シンプルに」というものでして、そこはこだわりです。留守番電話も着信転送も0円です。

通話料比較。キャリアによっては有料の通話料割引オプションに加入することで30秒10.5円になる場合があるが、「IP-Phone SMART」はそれより安い30秒8.4円で、月額料金もかからない。

―― 電話番号の使用にはユニバーサルサービス料が必要になると思うのですが。

鈴木 弊社が負担しています。

―― おおー。

■ 「選択肢のひとつとして」賢く使ってほしい

鈴木 携帯電話にかけても固定電話にかけても一律30秒8.4円なので、シンプルで分かりやすいと思います。とはいっても、我々も「IP-Phone SMART」だけ使ってくれればバッチリです!と言うつもりはないんです。

―― というと?

鈴木 先ほども言ったように、同キャリア同士なら時間によっては無料もあるでしょうし、何よりこのサービスはIP電話ですから、向き不向きがあります。

―― 例えば3G回線などでしょうか。実際のところ、3Gだと通話品質はどうなのでしょう?

フュージョン・コミュニケーションズ SMARTチーム リーダーの鈴木さん

鈴木 回線環境にもよりますが、3Gだと通信環境によっては通話しづらい場合があります。弊社ではWifiやLTEなどの高速回線を推奨しています。

―― やっぱり、基本は高速回線で使うものなんですね。

鈴木 逆に昔、3GでIP電話を使って「使えないなー」と思った方は、LTEで通話すると「思ったより良いな」と感じるんじゃないでしょうか。LTE時代になって、スマートフォンのIP電話が一気に実用的になってきましたので、通話料節約の選択肢のひとつとして考えていただきたいです。

―― なるほど。状況に応じて使い分けてください、ということだと理解しました。

鈴木 はい。LTEが入らない環境であるとか、ちょっと不安定な環境で途切れてしまうとまずい重要な会話は通常の電話で、普段LTEが入る場所ではIP-Phone SMARTを使って、というふうに、うまく使い分けてほしいです。

―― 月額料金がかからない分、そういう使い方もしやすそうですね。

鈴木 また、IP-Phone SMART同士であれば通話料は無料です。それ以外にも、提携プロバイダーなど、無料でかけられる050番号があります。050自体、意外なところで使われていたりしますので、見かけたら「無料通話可能な050番号」かどうか調べてみてください!

無料通話可能な050番号 | FUSION IP-Phone SMART

■ 国際電話も安い!(※ただし32ヶ国・地域に限る)

―― ちなみに国際通話の方はどういう料金設定ですか?

鈴木 国際電話は30秒8円です。

―― ……あれ? 30秒8円? 国内より安い???

鈴木 そうなんです。消費税がかからない分、国内より安くなっています。ただし、これはひとつだけからくりがありまして、そもそも国際通話が可能な場所を、世界32ヶ国・地域に限定しているんです。

国際電話サービス | FUSION IP-Phone SMART (国際通話が可能な世界32ヶ国・地域)

―― 「※ただし××××に限る」案件! なるほど、アメリカ、カナダ、オーストラリア、フランス、ドイツ、イギリス、イタリア、オランダ、韓国、中国、シンガポール、インドネシア……などなど、よく行きそうな国は結構、押さえられている感じでしょうか。ポルトガルやアイルランドだとかけられない。南米はブラジル以外はNGですね。

鈴木 はい、使える国は限定されますけど、その分かなり安く通話ができるようになっています。たまに使う国際電話のために、基本使用料を払って050番号のIP電話サービスを契約するのはもったいないよね、という方には便利に使っていただけると思います。機会は多くないけど、あると便利。空港のWifiからかけるとか。

■ チェコの会社と共同でアプリ開発

―― 公式アプリの「SMARTalk」についても教えてください。

公式アプリ「SMARTalk」(画像はiPhone版)。電話帳連携、ノイズキャンセリングなどの機能がある。

鈴木 SMARTalkは、IP-Phone SMARTの公式アプリという位置付けです。通話録音やノイズキャンセリングの機能が実装されているなど、IP電話のアプリの中でも高機能だと思います。それから、アプリを起動していなくてもプッシュで着信するので、バッテリーの節約になります。

―― アプリは自社開発ですか?

鈴木 チェコのアクロビッツ社と共同開発しています。

―― えっ、チェコ?

鈴木 はい。もともとIP-Phone SMARTでは公式アプリを用意していなかったんです。弊社では開発者がユーザーの皆様の要望に目を通して、特に要望の多いものから対応するようにしています。その中でも多かったのが「留守番電話」「着信転送」「国際電話」で、まずこれらを対応しました。その次に多かったのが「バッテリーの消費問題」だったんです。IP電話のアプリを考えたとき、やはり「いかにバッテリーを節約するか」という課題がありました。

 どう解決しようかと考えていたところ、チェコのアクロビッツ社が提供している有料のIP電話アプリ「Acrobits Softphone」がプッシュ通知に対応していて、バッテリーをかなり節約できることが分かったので、コンタクトをとって、チェコまで会いに行きました。

―― おお、直接会いに行ったんですか。

チェコのアクロビッツ社での様子。なんか屋根裏部屋っぽい感じだったり、テーブルの上でペットボトルが倒れていたりと突っ込みどころが多い。(写真提供:フュージョン・コミュニケーションズ)

鈴木 それで、日本ではAcrobits SoftphoneをもとにしたIP-Phone SMART公式アプリを共同で開発することになりました。Acrobits Softphoneは700円ですが、SMARTalkは無料で提供しています。日々、開発担当者が英語で電話会議をしながら改良しています。

―― すごい気合いですね。ちなみにチェコの場所はこちら。ドイツの東。遠い!


大きな地図で見る

■ PCでも使えるし、固定電話の代わりにも

―― 通常の電話がかかってきたときの挙動が気になります。

鈴木 NTTドコモとソフトバンクの場合は、IP-Phone SMART側が保留になって、電話側の通話に移るかどうか選べます。電話側の通話が終わったら、IP側に戻れます。auの場合もかかってきた時点では同じなのですが、電話側の通話に移って時間がたつと、IP側が切れます。これはauの通信方式の関係上、通話とネット通信を同時にできないという制約があるためです。

―― そこは理解した上で使う必要がありそうですね。

鈴木 一方で「通話料が安い」以外にも、IP電話だからこそのメリットがあります。例えば、IP電話なのでPCでも使えますし、余ったスマホにIP-Phone SMARTの設定をして家のWifiで使うことで、固定電話として使うというやり方もあります。固定電話の料金節約にも使えますし、実際にそのようにお使いいただいているユーザー様もいらっしゃいます。

―― IP電話ならでは、ですね。

鈴木 スマートフォン上でも、我々が提供している「SMARTalk」をお使いいただいてもいいし、他のIP電話アプリをお使いいただいても問題ないわけです。IP電話だからこそ、いろいろな活用の仕方がありますので、ぜひ試してみてください。

おさらい。国内は携帯も固定も一律30秒8.4円。国際電話は世界32ヶ国・地域限定で30秒8円。IP-Phone SMART同士や無料通話可能な050番号が相手だと無料。

―― 最後に、今後の展開なども教えていただけますか?

かける相手が無料通話可能な050番号の場合、アプリ上に「無料通話」アイコンが表示される。

鈴木 通話品質の向上や、SMARTalkアプリの改善は今後も続けていきます。先日のアップデートでは、かけようとしている相手が無料で通話できる050番号の場合に、アプリ上で表示する機能を追加しました。

―― おおー。

鈴木 今後については、複数の端末にアプリを入れて利用している方も多いようなので、1台は発着信の両方で使い、もう1台は着信せず発信だけできる「発信専用モード」が選べるようにする、といった機能追加などを予定しています。

―― ありがとうございました。

■□■

編集部でもこの後、実際に公式アプリ「SMARTalk」を使ってサービスを利用してみました。鈴木さんが話していた通り、3G回線だとちょっとプツプツ音が途切れがちでしたが、LTEやWifiでは、かなり「快適な通話」ができました。基本料がかからず通話料も安いことを加味すると、納得できる範囲ではないでしょうか。

公式アプリ「SMARTalk」自体は、iOS版に少し不満な部分もありました。アプリを終了した状態にしておくと、着信時に通知で電話帳の登録名が出ないという点です(Android版は、着信時にアプリ自体が立ち上がるので、問題なく表示されます)。また、iOS端末だと着信時にバイブレーションが1回しか震えないのですが、これはiOSの仕様上、仕方ないそうです。Android版では通常の電話同様、バイブレーションで震え続けました。一方で、こちらから電話をかける際は、不便に思った部分はありませんでした。

このインタビューでも何度か出てきたように「このサービスひとつで完璧!」というわけでは決してなく、状況に応じて賢く使う、というのが正しい活用法だと感じました。初期費用や維持費は一切かからないので、ぜひ皆さんも実際に登録して、実際に使えそうか、うまく活用できそうかを試してみてください。

[PR]企画・制作:はてな
文: 深山こよみ