7つのステップで家でもできる!「ダウンジャケットの洗い方」

「ダウンジャケット=クリーニングに出す」というイメージがありますが、実は素材や品質によっては家で洗うことが可能です。花王やライオンといった大手洗剤メーカーのサイトでは、家庭でダウンジャケットを洗濯する際のコツを紹介しています。

今回はこれらのエントリーを参考に、洗い方の手順を見ていきます。(※羽毛の質が低い場合など、ダウンジャケットの品質によっては家で洗うと傷めてしまうことがあるので注意しましょう。)

1.ダウンジャケットのタグに付いている絵表示で、家で洗えるかチェックします。

「洗濯機マーク」か「手洗いマーク」があれば家で洗濯ができます。「水洗い不可」のマークがある場合は、表面が洗える素材(綿・ポリエステル・ナイロン・アクリル)であれば、洗い方に注意すれば洗えます。不安な場合は、クリーニングに出しましょう。

2.適切な洗剤を選びます。

ダウン素材はアルカリ性に弱いので、中性のおしゃれ着用洗剤を使います。

3.汚れがひどい部分は前処理をします。

衿や袖口などの気になる部分汚れは、おしゃれ着用洗剤の原液をスポンジにつけて軽くたたきます。

4.やさしく手洗いします。

洗濯槽や大きな洗面ボウルに水を張り、洗剤を溶かして押し洗いします。両手でしっかり押しながら、全体を40回くらい押し洗いします。もみ洗いすると中の羽毛を傷めてしまうので気を付けます。

5.脱水して、2回すすぎます。

長時間脱水すると傷んでしまうので、30秒くらいにします。脱水したら、水を替えて2回すすぎます。

6.柔軟剤仕上げをします。

もう一度水を張り、ふっくら仕上げるために柔軟剤を使います。使用量は書かれている目安に従います。最後に30秒ほど脱水をします。

7.形を整え、干します。

脱水後はすぐに取り出し、しわなどを伸ばして形を整えます。ハンガーにかけて、風通しの良い所で陰干しします。表面が乾いてきたら、両手ではさんで軽くたたいて中の羽毛を手でほぐします。湿気が残ると嫌なニオイやカビの原因になるので、手のひらでギュッとはさんでも水分が手につかなくなるくらい、充分に乾かします。

またこちらの動画でも、ダウンジャケットを実際に家で洗ってみた様子を紹介しています。こちらでは風呂場の浴槽に水を張って手洗いしています。細かい部分の汚れをたたいて落とす際の注意点など、参考になりますね。


確実なのはクリーニングに出してプロにまかせる方法ですが、いくつかのポイントに注意すれば家でも洗うことができます。家で洗いたい場合は、ぜひこれらのエントリーを参考にしてみて下さいね。


Title Photo by tiffanywashko

「ダウンジャケット」に関連する商品 by BECOME