• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

電子メモパッド「ブギーボード」が日本上陸 10/15より販売開始



ブギーボード | KINGJIM
新感覚の電子メモパッド「Boogie Board(ブギーボード)」販売開始 | ニュース | ファイルとテプラのキングジム

アメリカのKent Displays社の子会社、iMPROV ELECTORONICSが2010年1月より販売している、電子メモパッド「ブギーノート」。アメリカ国内ではすでに、20万台を売り上げており、日本でも話題を呼んでいました。

感圧式の液晶画面を採用しているブギ―ノートは、付属のペンのほか、指先などでもパネルに描画することもできます。また、筆圧により線の太さを変えられます。メモした内容を消す場合は、ボードの上部にある消去ボタンを押すだけ。リセットしない限り、書いたメモが消えることはありません。

書き換えの耐久性は、約50,000回。1日に10回書き換えしたとして、13年も使い続けることができるそうです。電池を内蔵しており、消去時以外は電力を使うこともありません。加えて嬉しいのは、そのコンパクトさ。大きさはA5サイズ程度(222mm×141mm)で最薄部は3mm、重さが115.8gと気軽に持ち運べるサイズとなっています。

ビジネス、学校、家庭などのシーンでも活躍しそうな「ブギーボード」。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

文: タニグチナオミ

関連エントリー