• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

食事、トイレ、照明…「計画停電」に備えた対策&停電中の過ごし方


■ 停電前に準備しておきたいこと

住んでいる地域で停電が始まる前に、できる限り準備をしておきましょう。


節電・停電 サービス終了のお知らせ
http://ideaction.ldblog.jp/archives/4204207.html
停電の時に役立つまとめ[輪番停電・計画停電] - NAVER まとめ
http://www3.nhk.or.jp/knews/20110314/k10014653961000.html

上記のエントリーでは、停電前にできる対策がまとめられています。

  • 電化製品のコンセントを抜く
  • 水や食料を確保する
  • 携帯電話やスマートフォンを充電しておく
  • 電池式のラジオなど、情報源を確保する
  • 懐中電灯など、明かりを確保する
  • 保冷剤などを使い、冷蔵庫の保冷効果を高めておく

停電から復旧した際に火災の原因となる場合もあるので、電化製品のコンセントは抜いておきましょう。停電時間中に長時間外出する場合は、前もってブレーカーを落としておきます。また水や食事の準備も停電前に済ませておきましょう。マンションなどでは、水のくみ上げを電力で行っている場合があります。ラジオや携帯電話など、停電中の情報源となる機器の充電もお忘れなく。エントリーではその他にも停電中の過ごし方で気を付けたいことや、日ごろから行える節電方法についても紹介しています。

下記のエントリーでも、計画停電による暮らしへの影響についてまとめられています。

http://www.asahi.com/national/update/0314/TKY201103130327.html

■ 停電中の生活で工夫できること

続いては停電が始まってからの対策です。トイレや照明など、電気が使えない時はどうすればいいのでしょうか?

<電気を使わない調理法&レシピ>


みんなの推薦 限られた食材で工夫 レシピ 858品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが258万品
停電でも大丈夫!鍋でご飯を炊こう by kyokiy [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが258万品

クックパッドでは、限られた食材や調理器具でできるレシピの特集を行っています。炊飯器を使わずに鍋でごはんを炊く方法、缶詰を活用した簡単メニューなど、電気を使わない調理法やレシピも公開中です。

<トイレの水が流せない場合は?>


http://www.toto.co.jp/News/dansui_teiden/

停電中、便器の種類によってはトイレの水が流せなくなる場合もあります。TOTOのサイトでは、断水や停電で便器の水を流せなくなった際にバケツを使って洗浄する方法を動画で紹介しています。

<PSPやサイリウム、意外なものが明かりに?>


【拡散希望】PSP、iPhone、Androidプラス、コンビニ袋で簡易ランタンに #jishin|ギズモード・ジャパン
グロースティックの意外なる実用性 | ライフハッカー[日本版]

PSPやiPhoneなどを半透明のビニール袋に入れ、画面から出る光を拡散させて簡易照明に使うというアイデアも。またコンサートでの応援グッズとしておなじみのサイリウムやペンライトも、停電時には照明として使えます。

<電化製品の取り扱いで注意したいこと>


http://www.toshiba.co.jp/csqa/teiden/teiden.htm
冷蔵庫 FAQ

東芝のサイトでは、テレビやDVD、冷蔵庫など主な電化製品の取り扱いについて、停電前と復旧後の注意点をまとめたQ&Aを公開しています。いずれの電化製品も、停電前にはコンセントを抜いておくのが基本。復旧後はコンセントを差し込み、それぞれ動作を確認してください。

■ 停電中どう過ごす?経験者からのアドバイス

最後は、48時間にも及ぶ長時間停電を経験したという方からのアドバイスです。


停電慣れしている島から停電のやり過ごし方を書いてみる - あんとに庵◆備忘録

「懐中電灯は確実にわかる場所に置き、手にしたら必ず手元に」「食事は手軽なパンがオススメ」「防寒対策にはどてらや丹前+カイロが最強」「トイレのフタが自動開閉式で、停電によって開かなくなってしまった」など、経験者ならではの情報がまとめられています。停電前の準備の際に読んでおきたい内容です。


計画停電の対象地域や地域ごとの停電時間については、東京電力のサイトで随時更新されています。同サイトでも停電時の注意点を掲載しているので、あわせて確認してみてください。

東京電力|東京電力グループサイト


Title Photo by Alikai

文: 飯塚朋子

関連エントリー