• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

松岡修造さん「暖かいソチ・・・」 寒さ続く日本では「修造さん、早く東京に帰ってきて!」との声



【ソチオリンピック】暖かいソチ・・・ | 修造コラム | 松岡修造オフィシャルサイト

松岡さんはソチに到着後、開会式を8時間後に控えた2月7日にオリンピックパーク内を取材しました。その時の様子を「冬のオリンピックとは思えないほど、日差しの暖かいこと・・・」と、自身のサイト内のコンテンツ「修造コラム」でレポート。タイトルは「暖かいソチ・・・」と付けられていました。掲載されている写真を見てみると、松岡さんは周囲のスタッフよりも軽装で現地を取材しています。

日本気象協会の天気総合ポータルサイト「tenki.jp」の予報によると、2月7日のソチの最高気温は11度で、最低気温は4度。一方、東京は最高気温が8度、最低気温が1度の予想でした。
ソチ五輪まで1週間、開会式の天気は?(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
MSN天気予報によると、2月13日(木)以降の予想最高気温で、ソチは15度前後の日が続くのに対し、東京は2月19日(水)まで10度以下となる見込みです。

MSN 天気
MSN 天気

ソチが暖かくて日本が寒いのは、松岡さんの“熱さ”が影響しているのでは?――はてなブックマークのコメント欄ではそう“推理”した人が多く、松岡さんのレポートに「巨大な熱量がソチ入りしたから……」「ソチが温かいのではない、そち(修造)が熱すぎるのだ」「ここに東京で大雪になった理由があった……」などの感想が寄せられました。さらに「早く何とかして!日本寒いよ!」「何で東京に居てくれないんだよ ひどい目にあったぞ」と、早く松岡さんを日本に呼び戻したいとの声も上がっています。

文: あおきめぐみ

関連エントリー