• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

国内外の若手映像作家が参加 映画制作におけるDSi「うごメモ」活用セミナー


会場には「うごくメモ帳」プロデューサーの小泉歓晃氏(任天堂株式会社)、また「うごくメモ帳」を公開・共有するウェブサイト「うごメモはてな」のディレクターである二宮鉄平氏(株式会社はてな)が登壇し、ワークショップ参加者にうごメモを使った感想をヒアリング。参加者からは「時代劇のストーリーボードとして活用した」「メモ、ノートとして使いやすい」「(紙と違ってデータなので)簡単にメモをシェアできるのが便利」といった意見が発表されました。

また「(インターフェースがシンプルなので)音を入れるタイミングが細かく指定できず難しい」という意見には、小泉氏から「ゲーム機なので攻略したくなるよう作っている」とジョークを交えつつ、「紙のノートやカメラなど、思ったことが何でもできて便利というわけではないツールも多いと思う。あえて制限がある中で、想像力を活用して楽しんでもらえたら」と回答がされました。


活発に意見を交換する海外からの参加者

うごメモ活用の可能性をヒアリングする任天堂小泉氏

若手映像作家によるうごメモも発表された

またイベントの後半では「作った作品を世界中に公開する方法」として、はてなの二宮氏から、メモ公開・共有サイト「うごメモはてな」に作品をアップロードする手順が紹介されました。今回作成されたメモは、同サイト上の「うごメモ放送局」に随時アップされるとのこと。セミナーの最後には、小泉氏より「(自分の国に帰ってもうごメモを使って)ぜひ“I'm back!”というメモを投稿して、日本にいる私たちに知らせて欲しい」というリクエストも伝えられました。


はてな二宮氏による「うごメモはてな」プレゼンテーション

「Kyoto Filmmakers' Lab」は、京都府・京都文化博物館・東映京都撮影所・松竹京都撮影所・ドイツ文化センター京都等が共同で開催する、国内外の優秀な若手人材を対象に開催する時代劇映画の製作ワークショップ。2回目となる今年は、任天堂株式会社・株式会社はてなの協力のもと、パラパラマンガ作成ソフト「うごくメモ帳」が映像製作の現場でどのように活用されるかを模索するため、参加者全員にニンテンドーDSi用が貸し出され、今回のセミナーでは映画製作の現場でどのように「うごメモ」を活用できるかが議論されました。


熱心に「うごメモ」を使う参加者たち。作成した作品の一部はその場で「うごメモはてな」に投稿された

ニンテンドーDSi ライムグリーン【メーカー生産終了】

ニンテンドーDSi ライムグリーン【メーカー生産終了】

ニンテンドーDSi ピンク【メーカー生産終了】

ニンテンドーDSi ピンク【メーカー生産終了】

文: 山田聖裕

関連エントリー