読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うごメモ作品がDSiを飛び出した! 古川タクさん「プチ漫画」展


古川タクさんが「うごメモ」で作る展示の空間

古川タクさんは、アニメーターでありイラストレーターでもあり、絵本作家でもある多才な方。手書きの線画タッチの作品は温かくユーモアにあふれています。その作品は「みんなのうた」で目にした方も多いのではないでしょうか。


記者が「うごくメモ帳」で描かれた作品の展示と聞いて最初に想像したのは、複数のDSiが無造作にギャラリーに置かれ「各自自由に再生してください」とか注意書きがされてある光景……。

もちろんそんなはずはなく、ギャラリーASK?の白いシンプルな空間は、音楽に合わせたうごメモがプロジェクターで投影されていたり、一方では製本されたうごメモ作品がぶら下がっていたり、また一方ではマルチスクリーンでひとつの作品が構成されていたりと、DSiを飛び出したインスタレーション作品と化していました。

僕はこういった個展を開くときは、まずそこの空間をどうしようかという視点から考えるんですよ。行ったことのない場所には必ず足を運びますし。空間を思い浮かべて、あそこならここにはこれを置こう、反対側ではこう見せようとイメージしながら作品を作ることもあります」と古川タクさん。

小田部さんに紹介されて……

古川さんは友人であり既に「うごくメモ帳」を使って遊んでいたアニメーターの小田部羊一さんに薦められて「うごメモ」をお知りになったそうです。シンプルな手書きの線の動きで表現されるご自身の作風と、「うごメモ」はとっても相性がいいと感じたそうです。

初めて触って、楽しかったのでひとつこれで遊んでみようと。とにかく101個作品を書くことを目標に、それこそ飛行機に持ち込んで描いたりしていましたよ。結局101以上の作品が出来上がりました

今回の展示では、あえて紙に印刷してパラパラ漫画にしてみたり、一本のフィルムのように巻紙に印刷してみたりなど媒体をアナログなものに移して表現した手法が特徴的だと感じました。

パラパラ漫画自体は紙でよく作っていましたし、フィルムというモノ自体も自分の原点ですからね。でも一番はこのギャラリーの空間をイメージしたときに、こうしようというアイディアが浮かんできたことが大きいです


また、ギャラリーの壁のある一面には、5つのマルチスクリーンが配置されているのですが、よく見ると5つの画面にひとつのアニメーションが分割されて上映されています。

DSiはもちろん一つしかないですから、大体の画面のあたりを付けて描いたことは描いたのですが、それぞれ他の部分の動きと照らし合わせることなくひとつひとつのうごメモを独立して描きました。すべて頭の中で構成して、展示するまで合わせて見てはいないですね。職業病というか訓練されているので、頭の中で動きがコマで把握できるんですよ(笑)。例えば恐竜の頭がこういう動きをしたら尻尾はこういう風に連動するだろう、それはそれぞれの動画の中で何コマ目から何コマ目だなとか。まあそんなに難しいことではないですよ」と笑ってお話しする古川さん。

ひとつの作品を描いてうまくそれを5分割したのかな…と予想していたのですが、頭の中で動きを把握してひとつひとつ描かれていたのはびっくり! 絶対に真似できないプロの妙技ですね。

古川さんお気に入りのキャラクター

最後に、この作品の中でいちばんのお気に入りをあえて挙げるとしたらどれですか?と伺うと、

僕は三重の伊賀の出身で松尾芭蕉と一緒なんですよ。小さい頃から俳句ばかり作らされて、ついには大人にウケがいい作品の作り方とか変なテクニックを覚えてしまって(笑)。それがずっと嫌な思い出だったんだけど、ふとある時、自分が今作ってるものもある意味俳句と一緒だなと思ったんですよ。それから芭蕉が好きになって『芭蕉クン』というキャラクターを作ってたびたび描いているんですが、今回も登場させているので、それは作品というかキャラクター自体が気に入っていますね」と古川さん。

以下、会場の様子を写真レポートでお届けします。


画廊やギャラリーが多く集まる京橋で開催


プロジェクターで映し出される動画とフィルム状にプリントされた作品


近寄るとこんな感じになっています


小冊子がたくさんぶら下がっています


中身はパラパラ漫画のように楽しめます


5つのスクリーンの下で微笑む古川タクさん


DSiやDSi LLが置かれており、来た人がうごメモで遊べます


古川タクさんの「プチ漫画」展は12月3日まで開催されています。残りの会期は短いですが、是非足を運んでみてください。また、うごメモはてな上でも古川タクさんの作品が見られます。

古川タク「プチ漫画」展 DSiうごメモによるカンタン・アニメーション

  • 2009年 11月24日(火)~ 12月3日(木)
  • 11:30~19:00(最終日17:00まで) 日曜休廊
  • 東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F
  • TEL:03-5524-0771

ニンテンドーDSiのダウンロードソフトうごくメモ帳で作ったパラパラアニメーションの映像展示とそのプリントアウト素材で作ったオブジェ、そして出来上がった作品「プチ漫画」のDVD上映、それらをひっくるめての「プチ漫画」展です。 これはいわば、古川タクの“うごくヒトこま漫画展”です。(イベント詳細はこちら

文: 卯月つぼみ

関連エントリー