余白やメリハリもポイントに!今すぐ「キレイな字」が書ける方法

■まずは書く時の姿勢から!キレイに見せるには余白やメリハリも重要

「早起きは三文の得」実行委員が行く:「字がキレイ」と言われたい 悪筆がすぐ直る11の技 (1/3) - ITmedia Biz.ID

字が苦手だという筆者が、悪筆改善講座で学んだという内容がこちら。キレイな字とは「バランスのいい字」のこと、そのためにまずは姿勢の改善から始めましょう。手首だけでなく、腕全体で書くようにし、体と机の間は、握りこぶし1つくらい空けます。字は真ん中の中心線を意識して書き、字と字の間には適度な空白を。また画数の多い字は大きめに、逆に少ない字は小さめにするなど、“メリハリ”を付けるのもキレイに見せるポイントです。


■「ペンの持ち方」を変えれば断然キレイに!

Taejunomics ペンの持ち方で字が断然きれいになる!

そして意外と見落としがちなのが、「ペンの持ち方」です。こちらのエントリーの筆者は、下記の5つの項目を意識することでびっくりするくらい字が上達したとのこと。これなら今すぐ実践できますね。

  • 1.親指はペンに対して90度
  • 2.親指の腹で、ペンを軽く支えるように持つ。
  • 3.人差し指の腹で、ペンをしっかりと押さえる。
  • 4.人差し指の第一関節に親指が引っかかるようにする。(これが一番重要。)
  • 5.他の指は軽く握る。

■お手本を真似して、とにかく練習!

1日2回50音を書くだけで字がうまくなる - タケルンバ式硬筆トレーニング - タケルンバ卿日記

小学生の頃、ノートに何度も字の書き取りをしませんでしたか?こちらで紹介しているのは、上手なお手本を真似してとにかく練習するという基本的な方法です。レポート用紙と細い水性ボールペン、そしてお手本となる明朝体のフォントを用意して、ひらがな50音を2回(1枚目はお手本をなぞり、2枚目はお手本を見ながら書く。)練習します。また自分の字にある程度自信が持てるようになったら、お手本を見ずに書いてみましょう。


■今すぐキレイな字を書くテクニックは?

自分の字を3割増しキレイにする方法 - ペン字いんすとーる

「じっくり練習するのも大事だけど、手っ取り早くキレイに見せたい!」という人にはこちら。

  • 右上がり六度に書く
  • 右下に重心を置く
  • 等間隔に書く
  • 「漢字100%・ひらがな70%・カタカナ80%」の黄金比率で書く

これらのポイントを意識するだけでも、字がキレイに見えます。


■みんなはどんな方法で上手くなった?

成人後にペン習字や習字をせずに、字が上達した方法があれば教えてください。 通信教育は除きます。 書籍紹介でも上達に役立った情報があればOKです。 ※単純なペン習字.. - 人力検索はてな

最後は、人力検索はてなでの「字の上達方法を知りたい!」という質問に対し、色々なユーザーから寄せられた練習方法です。「文房具を変える」「上手なお手本を意識して練習する」「DSのソフトで練習する」といった様々な方法があります。


最近では通信教育なども充実していますが、自分で始められる練習法もたくさんありますね。字そのものの形だけでなく、字の間の余白やメリハリなど「見せ方」も重要なポイントになります。「キレイな字を書きたい!」思ったら、ぜひこれらのエントリーも参考にしてみて下さい。


Title Photo by k14

「ペン字」に関連する商品 by BECOME