読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いよいよ試験配信開始!radikoはラジオ界の新しい風となるか

暮らし ヘッドライン



radiko.jp
インターネットを通じ、既存のラジオ局の放送が楽しめる「radiko」の魅力は、CMや流れる音楽もそのまま同時に放送されること。もちろん登録や課金などはなく、パソコンとインターネット環境さえあれば、普通のラジオとなんら変わりなく放送を楽しむことができます。
現時点で参加しているラジオ局は、東京のTBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI 、InterFM、TOKYO FM、J-WAVEと、大阪の朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKAの計13局。配信ページは東京専用と大阪専用のページに分かれており、IPアドレスを判別してアクセス地域を判別し、該当するページを表示します。
魅力が多い「radiko」ですが、デメリットもあります。それは、現時点でアクセスできる地域が限られていること。東京エリアであれば東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県にしか配信されず、大阪エリアも大阪府、京都府、兵庫県、奈良県からのアクセスでなければ「radiko」を聴くことはできないのです。都市部の難聴取の解消が目的とはいえ、これではオンラインで配信するメリットが半減してしまいます。
「radiko」の試験運用は3月15日から8月31日。実用化を視野に入れたテスト期間ですが、果たしてリスナーの反応はどうなのか、配信エリアの拡大はあり得るのか――。今後も注目したいサービスのひとつですね。
文: タニグチナオミ

関連エントリー