好奇心を刺激する!はてなブックマークで人気の「科学・技術の読み物」

たくさんのブックマークが寄せられている「科学・技術の読み物」を集めてみると、コンピュータ、生物学、数学、物理学、脳科学、宇宙など、各分野の良書が勢ぞろいしました。

ブックマークを集めた書籍だけあって、難しいテーマでも読みやすく、著者のユーモアに思わずニヤリとしてしまうものも。この中からピックアップすればアタリは間違いなし。ここでは、『ハッカーと画家』、『その数学が戦略を決める』、『ご冗談でしょう、ファインマンさん』の3冊を取り上げます。


■ 『ハッカーと画家』 ポール・グレアム 著 / 川合史朗 訳

プログラマでエッセイストのポール・グレアムさんによるエッセイ集です。2010年の初めに、2ちゃんねるの「グーグルで働いてるけど何か質問ある?」というスレッドで、「文系にも理系にも『ハッカーと画家』は読んでもらいたいです」と紹介されたことから注目を集めた本書。

グーグルで働いてるけど何か質問ある? - ブラブラブラウジング グーグルで働いてるけど何か質問ある? - ブラブラブラウジング

世界の本質を語る痛快なグレアム節に触れたら、世界はもう以前と同じようには見えないはずです。著者のウェブサイトや、エッセイの邦訳を集めたサイトで、エッセイの一部を読むことができます。


■ 『その数学が戦略を決める』 イアン・エアーズ著 / 山形浩生 訳

その数学が戦略を決める

その数学が戦略を決める

計量経済学者のイアン・エアーズ氏が、大規模データを解析して物事を予測する「絶対計算」を紹介した一冊。絶対計算はワインの質をも予測してしまいます。

ワインの質 = 12.145 + 0.00117 x 冬の降雨 + 0.0614 x 育成期平均気温 – 0.00386 x 収穫期降雨

本書では、ワインの質の予測にはじまり、政策立案、医療など、様々な分野で絶対計算を利用する様子が紹介されます。今までにない大規模データを集積・利用できるようになった今、拡大する絶対計算を利用したビジネス。数式や数学用語を飛ばして読んでも、今までにない新しいビジネスの数々に好奇心を刺激されることでしょう。


■ 『ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉』 リチャード P.ファインマン 著 / 大貫昌子 訳

ノーベル物理学賞を受賞したことでも知られる物理学者のリチャード P.ファインマンさんが、自らの若き日を語った書籍です。堅苦しい理系図書ではないので、「科学はちょっと…」という人もご安心を。自由な発想と真理を追究したいという思いから生まれるいたずらや奇行の数々に、思わずニヤリとしたら、科学はすでに身近な存在に。

他にも、『困ります、ファインマンさん』『聞かせてよ、ファインマンさん』というユニークなタイトルの姉妹図書が岩波現代文庫から出版されています。すっかりファインマンさんのファンになってしまった!という人は手に取ってみてください。


はてなブックマークで注目を集めている「科学・技術の読み物」をピックアップして紹介してきました。科学や技術が大好きという人も、ちょっと苦手という人も、秋の夜長にこのジャンルの書籍を読んでみてはいかがでしょうか。


The Photo is by "hashmil".

「読書灯」に関連する商品 by BECOME