• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

トースト or 冷凍でもっと美味しくなる?ヤマザキ「ランチパック」の秘密


■1年間に発売される商品の種類は?ランチパックの秘密

山崎製パンの「ランチパックスペシャルサイト」では、新製品の情報以外にも、過去のパッケージギャラリーやゲームなど様々なコンテンツが用意されています。


山崎製パン|ランチパックスペシャルサイト

ランチパックが誕生したのは今からおよそ25年前の1984年。いちばん最初に発売されたのは「ピーナッツ」「青りんご」「小倉」「ヨーグルト」の4種類でした。以来様々なバリエーションが発売されているランチパックは、毎月1日に惣菜系1種とスイーツ系1種の2つの味が新たに発売。その他に地域限定のものや工場オリジナルのレア種なども登場し、1年間でおよそ50種類の商品が発売されています。

ちなみにランチパックに使われているのは、しっとりふわふわの食感をキープできるように作られた専用の食パンで、端の部分は接着剤などではなく“圧力”でくっ付けられているそう。使われないパンの“耳”については、飼料やお菓子の材料として再利用されています。

他にもスペシャルサイトでは、「横手焼きそば風」「清里山牛乳クリーム」などの“ご当地ランチパック”や人気ランキング、画面上でオーダーされたランチパックを作るゲームなどを公開しています。ランキングでは、全国5位の「たまご」が北海道ではなんと圏外。地域ごとの特色にぜひ注目してみて下さい。

■いちばん美味しいのはどれ?ランチパックの楽しみ方

あなたがお気に入りのランチパックはどれですか?また、そのまま食べる以外の“美味しい食べ方”をご存じでしょうか?

<全国のランチパックを食べ比べ!>

山ほど種類のある「ランチパック」、一体どれが一番おいしいのかを検討するために全部食べてみた - GIGAZINE
@nifty:デイリーポータルZ:東西対抗! ランチパック集め
ランチパック研究会
Tag[ ランチパック ] - MHF猟団:killerloop

上記のエントリーでは、これまでに発売された数十種類のランチパックを食べ比べてレビューしています。ピーナッツやたまごはやはり鉄板のようですが、メンチカツ入りのランチパックやピザ味のランチパック、板チョコ入りのランチパックもなかなか好評。地方の名産品を生かしたご当地ランチパックも、見ているだけで楽しめます。

<トーストする?冷凍する?ランチパックの美味しい食べ方>

tv asahi|テレビ朝日

あなたはランチパックをそのまま食べる派ですか?山崎製パンによれば、“トーストして食べる”のもオススメとのこと。また先ほどご紹介したスペシャルサイトでは、「冷凍してアイス感覚で食べる」「冷凍してからトーストして、中はひんやり、外はサックリの食感を楽しむ」「フレンチトーストの液に浸して、バターで焼いて食べる」といったアイデアも紹介されています。


新商品が出るとつい手に取ってしまうランチパック。旅行に出かけたら、その地域でしか買えないランチパックを探してみてはいかがでしょうか?


ランチパックの本

ランチパックの本

文: 飯塚朋子

関連エントリー