• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

食事法に入浴法、“冷え性さん”にオススメの改善法を集めてみた


■ 冷え性はなぜ起こる?

人によっては暖かい季節でも起こる冷え性。なぜ女性に多いのでしょうか?


身体のセンサーに異常アリ?女性に冷え性が多い理由 [女性の健康] All About
冷え症が起こりやすい体質とは? 「ドクターQ&A」|セルフドクターネット

冷え性は、“寒いという感覚をキャッチし、寒さに負けないよう体温を保つ”という体温調節の機能が何らかの原因でうまくいっていない状態です。原因としては、寒さを感知する皮膚の温度センサーの異常、体の環境を一定に保つ司令塔である視床下部の異常、血流の停滞などが考えられます。中でも視床下部は女性ホルモンの影響を受けやすく、ストレスや生理不順などによるホルモン分泌の変化が冷え性をもたらす場合も。さらには筋肉が少ないほど熱を生産しにくいので、男性に比べて筋肉の少ない女性はどうしても冷えやすくなってしまいます。また一口に冷え性といっても、お腹が冷えやすい、下半身が冷えやすいなど人によって様々なタイプがあります。

■ 毎日の“食事”で改善

冷え性にも様々なタイプがありますが、食事による改善はどの体質にも有効な方法の1つです。

<冷えやすい、冷えにくい食べ物は?>


冷え性対策!体をポカポカ中からほっこり温める食べ物について調べた。 - もともこも鳴き笑い
冷え症によい食べ物は? 「ドクターQ&A」|セルフドクターネット
うなぎと梅干しを一緒に食べるのは良くない?「食べ合わせ」の秘密 - はてなニュース

基本的に、寒い地方でとれる、寒い時期に旬を迎える食材には“体を温める”ものが、逆に暑い地方でとれる、暑い時期に旬を迎える食材には“体を冷やす”ものが多いと言われています。冷え性の人は体を温める食材を積極的にとるようにし、体を冷やす食材については鍋物や煮込み料理にするなど温かくしてから食べるのがオススメです。

  • 体を温める食材の例
    • かぼちゃ
    • にんじん
    • しょうが
    • ネギ
    • 牛肉
    • 鶏肉
    • イワシ
  • 体を冷やす食材の例
    • トマト
    • きゅうり
    • ナス
    • 枝豆
    • スイカ
    • 馬肉
    • カニ
<“しょうが”でぽかぽかに>


飲んで体を“ぽかぽか”に!お家で簡単「しょうが紅茶」の作り方 - はてなニュース
お手軽レシピも本場の味もおまかせ 手作り「チャイ」のレシピ集 - はてなニュース
寒い季節の嬉しい味方!この冬は「しょうが」でぽかぽか温まろう - はてなニュース

体を温める食材の中でも特にオススメなのが「しょうが」です。すりおろしたしょうがの汁を入れるだけで手軽にできる「しょうが紅茶」は飲んだ瞬間からぽかぽかになれるので、冷え性で悩んでいる人はぜひ試してみて下さい。

■ “お風呂”でリラックスしながら改善

毎日のお風呂タイムでは、冷え性改善に効果のある入浴法を実践してみましょう。


肩こり、腰痛、不眠症 悩み別のオススメ「入浴法」で体も心もスッキリ - はてなニュース
冷え性、むくみ、不眠解消にもオススメ 「足湯」でぽかぽか温まろう - はてなニュース
100均の材料でシュワシュワのバスボムも 手作り「入浴剤」を楽しもう - はてなニュース

冷えている分、熱いお湯のほうが良さそうに思うかもしれませんが、実は“ぬるめのお湯にゆっくりつかる”のが正解。さらにリラックス効果を高めたいなら、お気に入りの入浴剤を使ってみて下さい。「足がとにかく冷える!」という人には、足先を重点的に温められる「足湯」がぴったり。本を読みながら、温かいドリンクを飲みながらでもつかることができます。

■冷え性さんにオススメの“あったかグッズ”

外出時や仕事時、寝ている間に使えるあったかグッズはいかがですか?


湯たんぽ、ハイテク手袋…話題の「あったかグッズ」で気持ちまでぽかぽかに! - はてなニュース
http://www.thanko.jp/product/usb/hot/
UNIQLO|ユニクロ公式サイト

昔ながらの湯たんぽやハラマキなども、最近は女性向きのかわいらしいデザインのものがたくさん売られています。最新のハイテクなあったかグッズでは、USBで温められる手袋やひざかけなども。またあったか衣類としておなじみのユニクロの「ヒートテック」は、カットソーやパンツ、レギンス、靴下などバリエーションも豊富です。


いずれも普段の生活で無理なく始められる対策ばかりです。また“ストレスをためない”ことも同じく重要なので、ゆっくりお風呂に入る、休みの日は趣味に没頭するなど、自分がリラックスできる時間を持つようにしてみて下さい。


Title Photo by Vivianna_love

文: 飯塚朋子

関連エントリー