• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

オライリー・ジャパン、ギークのための料理本「Cooking for Geeks」を9/22に発売



O'Reilly Japan - Cooking for Geeks

2010年7月にアメリカのオライリーが出版した『Cooking for Geeks』を日本語訳した本書は、ギークやエンジニア、プログラマーが料理の基本を学べる1冊です。食材の味と風味の組み合わせ方や、加熱方法の違いが食材に与える影響、パンやお菓子に空気を含ませる方法など、料理の科学的な仕組みを解説しています。目次の一部は以下の通りです。

  • ハロー、キッチン!
  • キッチンの初期化
  • 入力の選択:風味と食材
  • 時間と温度:料理の主要変数
  • ハードウェアで遊ぶ

紹介しているジャンルは、飲み物やパン、前菜、スープ、メインディッシュ、デザートなどで、レシピの数は100を超えます。科学者やシェフ、フードブロガーなど21人のインタビューでは、「モダニスト料理」「真空調理法」「分子ガストロノミー」など、なかなか耳慣れない調理法を紹介しています。
はてなブックマークのコメント欄では、「ついに俺にもマトモに料理ができる日が…!」「勉強会やろう!」「目次だけでご飯3杯いける」などの声が集まっています。

Cooking for Geeks ―料理の科学と実践レシピ (Make: Japan Books)

Cooking for Geeks ―料理の科学と実践レシピ (Make: Japan Books)

文: タニグチナオミ

関連エントリー