• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

東北を遊び尽くそう 旅行にお得な乗車券、観光スポットに酒蔵巡り


■ 列車で行くお得な東北の旅

旅行の際に気になるのが交通費。列車での旅がお得になる乗車券を紹介します。

<3日間乗り降り自由!「東北ローカル線パス」>


東北ローカル線パスを発売します(PDF)
東北6県のJR私鉄が3日間乗り放題に 「東北ローカル線パス」発売 - はてなニュース
JR東日本が発売した「東北ローカル線パス」は、東北6県のJR東日本線と10社の鉄道会社線で利用できる特別企画乗車券です。JR東日本が設定したフリーエリア内であれば、快速を含む普通列車の普通車自由席が3日間乗り降り自由になります。価格は大人が6,000円、小児が3,000円です。

利用できるのは、2012年6月1日(金)~2013年1月28日(月)のうち、金曜日・土曜日・日曜日または土曜日・日曜日・月曜日の連続する3日間です。発売期間は2013年1月26日(土)までです。

<「青春18きっぷ」は青森~新青森も特例区間に>

青春18きっぷ、2012年夏季と冬季の発売が決定 特例区間に青森-新青森間を追加 - はてなニュース
「青春18きっぷ」を使うと、JR線の普通・快速列車で普通車自由席などが自由に乗り降りできます。夏季用と冬季用が用意されており、夏季用の発売期間は8月31日(金)まで、利用期間は9月10日(月)まで。1枚につき5回の利用が可能で、価格は11,500円です。

原則として特急と急行列車には乗車できませんが、特例区間では普通車自由席を利用できます。2012年夏の発売分からは、「白鳥」や「つがる」といった特急列車が運行する奥羽本線「青森~新青森」間が特例区間に加わっています。年齢に関係なく誰でも使えて、一人旅や家族旅行など、さまざまな場面で利用できそうです。

■ 東北6県の観光地案内や蔵元のスタンプラリー

どこへ行こうか迷った場合は、観光地を案内するサイトを参考にしてみてはいかがですか?イベントに参加してみるのも、普段の旅行とは違った楽しみ方ができそうです。

<旅人目線で観光地を紹介する「行くぜ、東北。」>


JR東日本:行くぜ、東北。
行くぜ、東北。2012 夏
JR東日本が展開する「行くぜ、東北。2012夏」キャンペーンでは、旅人の目線で撮影した東北各地の観光地や情景を紹介しています。サイトの「フォトアルバム」には、各地の観光スポットをとらえた写真がまとめられています。美しいエメラルドグリーンの水面が見られる岩手県宮古市の「青の洞窟」や、猫の住む島として知られる宮城県石巻市の田代島など、訪れてみたくなる名所が満載です。

回答するとPCの壁紙がもらえる「アンケート」では、9月30日(日)まで5回に分け、東北に関するアンケートを実施。8月31日現在の質問は「第3回 あなたが行ってみたい東北の温泉は?」で、東北6県からそれぞれ1ヶ所の温泉地が選択肢に挙がっています。第4回、第5回の質問は追って公開されます。

JR東日本:行くぜ、東北。 行くぜ、東北。アンケート

<東北のおいしいお酒を飲もう! 「東北蔵元スタンプラリー」>

http://tohoku-sake.jp/
東北蔵元スタンプラリー | Facebook
東北青年清酒協議会が運営する「東北蔵元スタンプラリー」は、スマートフォンや携帯電話の位置情報機能を利用したイベントです。東北6県で約200の蔵元が参加します。参加費はかからず、すべて無料。商品の購入や酒蔵訪問・見学をしなくても、その場所に行くだけでポイントが獲得できます。訪れた酒蔵が見学を受け入れる場合は、東北のおいしいお酒をその場で楽しめるかもしれません。

参加する場合は、サイト(http://tohoku-sake.jp/)またはQRコードにアクセスの上、無料の会員登録をします。蔵元の近くで位置情報を発信すると、酒蔵の立地条件によってポイントを獲得できます。半年ごとのポイント獲得数トップ3や、すべての蔵元を制覇した参加者には、景品がプレゼントされます。

<お得な観光情報が集まるサイト「東北観光博」>


http://www.visitjapan-tohoku.org/
東北観光博は、東北の魅力が詰まった28のゾーンを「観光案内人」が紹介する期間限定のサイトです。各ゾーンの観光スポットはもちろん、その土地ならではの体験ツアー情報やお得なクーポン券なども掲載。主要都市から東北6県への交通アクセス情報や、ゾーン内を回るアクセス方法もまとめられています。観光スポットを巡る際の参考にしてみてはいかがでしょうか。


Title Photo by Chi King

文: あおきめぐみ

関連エントリー