• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

「ヱヴァQ」の展開は知らずに作詞――宇多田ヒカルさん、新曲「桜流し」の制作裏話をTwitterで披露



Hikki's WEBSITE

2010年から活動休止中の宇多田さんが「桜流し」を制作したのは、映画の制作スタッフによる熱烈な要望と、新劇場版のテーマソングをこれまで手掛けてきたという深い思い入れからだそうです。宇多田さん(@utadahikaru)のTwitterによると、楽曲の制作期間は2011年9月から2012年9月までの1年。Twitterでの「ヱヴァQの脚本は読んでたの?」というファンからの質問には、「映画の世界観と曲調が合うか不安で一応脚本を頂いたけど、映画観る前にネタバレすんのがヤでストーリーが理解できない程度にツラーッと目を通したよ」と答え、展開を知らずに作詞したと明かしています。作曲は、友人のPaul Carterさんとの共作とのことです。
Twitter / utadahikaru: 去年の9月に作り始めて完成したのが今年の9月です。一 ...
Twitter / utadahikaru: 映画の世界観と曲調が合うか不安で一応脚本を頂いたけど ...
Twitter / utadahikaru: 楽曲のコラボをするのが苦手な私ですが「桜流し」の作曲 ...

「桜流し」は11月19日(月)現在、iTunesをはじめとする楽曲配信サイトでダウンロードできます。12月26日(水)には、同曲のミュージックビデオ(MV)を収録したDVDシングルが発売。MVを制作した河瀨直美さんと宇多田さんのコメント、歌詞も含まれます。価格は1,100円(税込)です。EMI Music Japanの公式オンラインショップ「EMIショップ」で購入すると、「エヴァンゲリオン」シリーズでキャラクターデザインを担当している貞本義行さんが描き下ろした、宇多田さんのB2サイズポスターが先着で付属します。
http://shop.emimusic.jp/shop/g/gTOBF-5770/

MVのフルバージョンは、YouTubeで11月17日から3日間限定で公開されています。動画の再生数は11月19日午後2時30分現在、270万回を超えています。
宇多田ヒカル - 桜流し - YouTube

桜流し [DVD]

桜流し [DVD]

文: あおきめぐみ

関連エントリー