• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

深海生物の標本が見られる! 国立科学博物館、7/6から「深海」展を開催



deep-sea.jp
エラー|NHKオンライン

深海は宇宙と同じく、未だに解明されていない謎を多く残していることから「人類にのこされた最後のフロンティア」とされています。同展では、この半世紀で飛躍的に増加しつつあるという深海の情報を、最新の研究成果をもとに紹介。主に深海生物へ焦点を当て、生態解説や標本群を展示します。展示構成は以下の通りです。

(1)深海の世界
(2)深海に挑む
(3)深海生物図鑑
(4)深海に生きる
(5)深海への適応
(6)深海シアター

開館時間は午前9時~午後5時で、8月10日(土)から8月18日(日)までは午後6時まで延長します。会期中の金曜日は、いずれも午後8時まで開館します。休館日の情報は、上記特設サイトへどうぞ。

同展の関連番組として、NHKスペシャルで1月13日に放送されたドキュメンタリー番組「世界初撮影!深海の超巨大イカ」が紹介されています。番組では、世界で初めて撮影に成功した、深海で泳ぐ「ダイオウイカ」を披露しました。再放送は1月17日(木)午前0時25分~1時23分(16日深夜)です。
深海で泳ぐ「ダイオウイカ」、世界で初めて撮影に成功 1/13にNHKスペシャルで放送 - はてなニュース
http://www.nhk.or.jp/ocean/giantcreature/

文: あおきめぐみ

関連エントリー