• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

シンデレラ城にディズニー作品を立体投影 TDL初のプロジェクションマッピング、2014年春から



東京ディズニーランド®/東京ディズニーシー 新規エンターテイメントプログラムの導入について(PDF)

プロジェクションマッピングは、映像を建物などの形状に合わせて投影することで、絵を立体的に表現する技術です。「ワンス・アポン・ア・タイム」は、東京ディズニーランドのナイトエンターテイメントとして、2014年春から夏にかけて実施されます。プロジェクションマッピングが東京ディズニーリゾートのエンターテイメントプログラムに導入されるのは、今回が初めて。総投資額は約20億円の予定です。

投影する映像は、ディズニー映画でおなじみの作品「美女と野獣」「シンデレラ」「不思議の国のアリス」などから用意。さらに、ディズニーの名曲やステージ用の花火など、さまざまな特殊効果でプログラムを盛り上げるとしています。

美女と野獣 ダイヤモンド・コレクション (期間限定) [Blu-ray]

美女と野獣 ダイヤモンド・コレクション (期間限定) [Blu-ray]

シンデレラ ダイヤモンド・コレクション [Blu-ray]

シンデレラ ダイヤモンド・コレクション [Blu-ray]

文: あおきめぐみ

関連エントリー