• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

スマホに装着できるソニーのレンズ型カメラ、10/25発売 価格は25,000円前後から



QXシリーズ・スペシャルサイト | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー
「レンズスタイルカメラ」を発売 | プレスリリース | ソニー

レンズ型ボディには、レンズ、CMOSイメージセンサー、イメージプロセッサのカメラ構成要素をはじめ、ズームレバーやシャッターボタン、電源ボタン、メモリーカードスロット、バッテリーなどがすべて搭載されています。スマートフォンに装着してWi-Fiで接続すると、端末の画面をモニターとして利用しながら撮影できます。端末から離して、自由な角度に構えて使用することも可能です。写真はスマートフォンの好きなアプリで加工できるほか、TwitterやFacebookなどにアップロードできます。


Lens-style camera DSC-QX100/QX10 - go smarter. - YouTube

「DSC-QX100」は、高画質・高感度の撮影ができる“高画質カメラ”です。暗所での撮影でもノイズが少なく、美しいボケ味のある写りが実現するとしています。重量は約179gで、カラーはブラックのみ。市場推定価格は55,000円前後です。

「DSC-QX10」は、光学10倍ズームで撮影できる“高倍率ズームカメラ”としてラインアップされました。遠い被写体の撮影も可能で、光学式手ブレ補正機能を搭載しています。重量は約105g、カラーはブラックとホワイト。市場推定価格は各25,000円前後です。

文: あおきめぐみ

関連エントリー