• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

イギリスの大英博物館で「春画展」 2014年1月まで開催



British Museum - Shunga

江戸時代に喜多川歌麿や葛飾北斎、歌川国芳など、多くの絵師が春画を発表しました。オーギュスト・ロダンやパブロ・ピカソなど、海外の芸術家にも大きな影響を与えたとされています。

特別展では、鳥居清長の「袖の巻」など多数の春画を展示。期間中は、パネルディスカッションやワークショップなど、さまざまなイベントを通じて春画の魅力を紹介します。図録やタオル、扇子などのグッズも販売。入場料は大人7ポンド。16歳未満は入場無料ですが、保護者の同伴が必要です。

NHKニュースでは、展示の様子を動画で紹介しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131004/k10015023831000.html

Shunga: Sex and Pleasure in Japanese Art

Shunga: Sex and Pleasure in Japanese Art

文: タニグチナオミ

関連エントリー