• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

個性が光るユニークな「観光列車」 ラグジュアリーな内装、遊び場やバーカウンター付きも


■ 北海道の「旭山動物園号」

旭山動物園号|GOTTON JR北海道
「動物の棲み家」をテーマに、旭山動物園の動物たちを車体に描いた旭山動物園号。5両編成で、車両ごとに「草原のサバンナ号」「鳥たちの大空号」「極寒の銀世界号」など設定が異なるデザインや内装を用意しています。デザインを手掛けたのは、同動物園の元飼育係で絵本作家の、あべ弘士さんです。

車内には、ホッキョクグマやライオンなどの顔をあしらった「どうぶつシート」をはじめ、座ると動物たちに抱っこをされているようになる、ぬいぐるみ付きの「ハグハグシート」などを設置。丸ごとフリースペースとなっている1号車には、カバのボールプールや絵本、キリンの大きさを体感できるスケール付きの記念撮影ボードなどがあります。運行スケジュールや料金は、以下のページをどうぞ。
運転日・時刻・お得な商品|旭山動物園号|GOTTON JR北海道

■ 山梨の「トーマスランド号」には運転席も

富士山に一番近い鉄道 富士急行線
富士山に一番近い鉄道 富士急行線
富士急行には、幼児向けのテレビ番組「きかんしゃトーマス」をテーマにした「トーマスランド号」があります。車体には登場キャラクターをデザイン。車内には本物そっくりな「キッズ運転席」や、「トーマスチェア」「パーシーチェア」が設置されています。

「富士登山電車」は、富士山を楽しむための“日本一豊かな登山電車”として2009年に運行を開始しました。デザインは、JR九州の観光列車「ななつ星」などを手掛けた工業デザイナーの水戸岡鋭治さんです。車両は「赤富士」と「青富士」の2両編成。内装は木や布を使ったレトロモダン調です。ソファや展望席などのシートは、デザインや配置も工夫されています。

■ おもちゃで遊べる!? 和歌山のユニークな電車

http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/train/ichigo.html
http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/train/omoden.html
http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/train/tamaden.html
和歌山電鉄は、内装がユニークな「いちご電車」「おもちゃ電車」「たま電車」の3つを運行しています。いちご電車は、貴志駅周辺の特産物であるイチゴがモチーフ。車両検査のため、4月1日から6月上旬まで運休するとのことです。おもちゃ電車は真っ赤な車体が特徴で、車内にはフィギュアを展示し、カプセルトイの自動販売機なども設置されています。カラフルなシートは、座っているだけで楽しい気持ちになれそうです。

たま電車は、貴志駅の“ウルトラ駅長”を務める三毛猫の「たま」をイメージ。木を使った空間には、たまをモチーフにした背もたれや、猫脚のベンチなどが設置されています。床の所々に描かれている、かわいらしい足跡にも注目です。

■ JR九州の電車は個性派ぞろい!

JR九州の列車たち ~JR九州 観光列車【D&S列車】・新幹線~
JR九州は、外観や内装、レイアウトにこだわったおしゃれな新幹線や特急電車を数多く擁しています。「特急 あそぼーい!」は遊べるスペースやカラフルなシートを備え、大人も子どもも楽しめる設計です。「800系新幹線」はラグジュアリーな内装が特徴で、全6種類のシートが用意されています。ジャズナンバーにちなんだ列車「特急 A列車で行こう」は、大人向けの内装に。共有スペースにはバーカウンターが設置されており、アルコールを片手に列車の旅が楽しめます。


Title Photo by tkaige

文: あおきめぐみ

関連エントリー