読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「トイ・ストーリー」でも使われたピクサーのソフト、非商用に限り無料化

Web・IT ヘッドライン



Non-Commercial

RenderManは、実写映画におけるフォトリアリスティックな視覚効果や、ピクサーなどに代表される3DCGアニメーション映画の制作過程で広く使われるソフトウェアです。すでにさまざまなVFXスタジオで導入されており、映画「アビス」や映画「ターミネーター2」などでも使用されました。直近の使用作品として、映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」や映画「GODZILLA ゴジラ」が挙げられます。

非商用版は、教育機関・学生・開発者・個人などを対象としており、利益を生じないプロジェクトでの利用に限られます。ソフトウェアの機能に制限はなく、1ライセンスあたり495ドルの製品版と全く同じです。

最新のバージョン19は、3Dアニメーションソフトウェア「Maya」と「KATANA」でプラグインとして動作します。スタンドアロン版は、 Mac OS X 10.7、Linuxの「GCC 4.4.5」「glibc 2.12」、Windows 7以上のOSに対応しています。

文: 文月聡

関連エントリー