読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

浴衣やオフィスにも合う「ミディアムヘア」アレンジ 簡単“くるりんぱ”も


■ 今風に見せたいなら「ねじりアップ」に挑戦

<セレブ風ねじりアップ>

セレブ風ねじりアップ|ミディアム|ANTI|TOKYO CAWAII BEAUTY [トウキョウカワイイビューティ / TCB]

流行しているねじりヘア。夏は思い切ってアップにしてみましょう。TOKYO Cawaii BEAUTYのページでは、エレガントな雰囲気が印象的な「セレブ風ねじりアップ」を紹介。まずは前髪と顔周りの髪をねじってピンで止め、さらに耳後ろから襟足まで続けてねじります。ねじった毛束はだんご状にし、毛先をピンで固定。反対側も同じようにねじって完成です。

<ルーズなねじりアップ>

ルーズなニュアンスでキュートなまとめ髪に! | Smart Cute ヘアアレンジ | 知る・楽しむ | キッチン用品・美容用品の貝印株式会社
少し崩したルーズなアレンジを取り入れると、ふわっとした女性らしい印象が出そうです。上記のページでは、ねじってまとめた後にルーズ感を出すテクニックが紹介されています。普段のまとめ髪にかわいらしさを加えられそうです。

■ やっぱり定番の「ポニーテール」

ヘアスタイル | 美的.com

ミディアム・大人かわいい簡単ポニーテール [ヘアアレンジ] All About

ミディアムヘア・お団子風ふわくしゅポニーテール [結婚式・パーティーヘアアレンジ] All About

ふんわり高めポニー|ミディアム|HOULe|TOKYO CAWAII BEAUTY [トウキョウカワイイビューティ / TCB]

講談社 withオフィシャルサイト | ゆるっと可愛い ひとつ結びの作り方

夏といえば、爽やかなポニーテール。アレンジも簡単で、暑い日のお出掛けにぴったりです。ポニーテールといっても、さまざまなバリエーションがあります。結ぶ位置を後頭部の上辺りにすると、女らしさと大人っぽさが保てるそう。トップとサイドの髪を引っ張り出してニュアンスをつけると、より女性らしい印象になります。ふんわり感を足したい場合は、髪を高い位置で結んで逆毛を作るとボリュームが生まれます。

■ 大人っぽさとかわいらしさを組み合わせた編み込みアレンジ

3分で出来る簡単大人キュートな編み込みアレンジ [ヘアアレンジ] All About

特別な日に試してみたいエレガントなヘアアレンジがこちら。髪をジグザグに二等分してトップから襟足に向けて編み込みます。手が込んだ見た目ですが、慣れれば3分ほどでできるそう。編み込みをうまく緩めるのがコツです。

■ 「くるりんぱ」のコツって?

http://home-gami.com/catalog/hair/20131008-1433.html#.VYUUT_ntmko

花王の特設サイトでは、簡単にできる「くるりんぱ」のコツが紹介されています。「くるりんぱ」とは、結んだ髪の間に空洞を作り、その中に毛先をくぐらせること。編み込みのように見せることができます。毛束を通しにくいときは「穴の中から指を出し、毛束を引きこむように」を意識してみましょう。

■ 「ギブソンタック」にトライ

簡単ヘアアレンジ!外国人風ギブソンタック【イラスト付き】ー髪のお悩みやケア方法の解決ならコラム|Tiful(ティフル)

海外発の「ギブソンタック」は、パーティースタイルにも応用できそうです。上記のページでは、イラスト付きで分かりやすくレクチャーされています。ヘアバンドとピンがあればすぐにでも実践できそうです。

■ ビジネスシーンでも活躍する「ハーフアップ」

シンプルなのに地味じゃない、その加減が大人の余裕に。シニョンハーフアップ | 美的.com

完全に髪をアップにしなくても、前髪やサイドの髪を束ねるだけで涼しさがアップします。ハーフアップもおすすめ。こちらでは、クリップを使ったシニョンハーフアップが紹介されています。上品なので、ビジネスシーンでも活躍しそうです。

■ 乙女心をくすぐるカチューシャ・リボンなどのアイテム遣い

カチューシャ、リボン…アイテム使いでこんなに可愛い! 【ミディアムヘア編】 | ベツバラ (vitamin ef)

もっとオシャレを楽しみたい人は、カチューシャやリボンなどのアイテムを取り入れてみましょう。いつものまとめ髪にアクセントが加わり、違った印象を与えることができそうです。カチューシャ・リボンなど、お気に入りのアイテムを使って試してみましょう。

暑い日こそ、ヘアアレンジを楽しんでみませんか? いつもとは違った髪型にトライしてみるのもいいかもしれません。

Title Photo by Maegan Tintari

文: ishihara

関連エントリー