読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末は気の合う仲間とお茶会!気楽な“野点”のススメ

暮らし コラム


■歴史や開催場所、用意すべきものなど

<野点とは>
野点
野点は、春や秋など比較的すごしやすい時期に野外でお茶を点てること、またはそのお茶会のことを指します。春は桜、秋は紅葉というように、その季節に見ごろを迎える自然に触れながら、お茶を楽しみます。従来の屋内でのお茶会に比べて、さほど作法を問わない催しも多く開催されています。


<オススメの開催場所>
四季の移り変わりを楽しめる、自然の多い場所がいいでしょう。かと言って手洗い場やトイレがないと不便なので、飲食可能な植物園などを選びましょう。京都市内だと、大芝生のある京都府立植物園がオススメです。
京都府立植物園-京都府ホームページ
河川敷や大規模な公園などでもいいですね。


<用意するもの>
まずは、お茶をたてるための基本の道具を用意しましょう。

  • 茶碗…お茶を飲む器
  • 茶筅(ちゃせん)…お茶を点てる道具
  • 茶杓(ちゃしゃく)…抹茶をすくう茶さじ
  • 茶巾…お茶碗を拭くための麻布。濡らして使用します
  • 抹茶…何がいいか迷った時はお店で相談するのがベター。あらかじめ振るっておくと点てやすくなります
  • お湯…自宅で沸かして保温性のある容器に入れて持ち寄りましょう。器を温めるときにも使うので、多めに用意すると安心です
  • お茶菓子…作法上ではお茶の前にいただきます

モンベル(mont‐bell) 野点セット 1124245 テラカッタ/ブルーブ TEBB

モンベル(mont‐bell) 野点セット 1124245 テラカッタ/ブルーブ TEBB


その他、あるといいもの。

  • シート…ブルーシートなど、大きいものを用意すれば、ゆったり楽しむことができます
  • 防寒グッズ…いくらすごしやすい気候でも、ずっと野外にいれば冷えることも。念のためひざ掛けやカイロを用意しましょう
  • ボウル…茶碗を洗った後の水や、温めた後のお湯を入れておき、ある程度たまってきたら手洗い場に捨てましょう
  • 懐紙…あるとお茶会の雰囲気がアップします。なくても大丈夫です
  • トランプやカードゲームなど…もちろん、なくても大丈夫ですが、あると人と集まる楽しみが増えます。よければ、下のエントリーを参考にしてみてください。

底なしのおもしろさ!愛好者に聞くオススメのボードゲームレビュー - はてなブックマークニュース

■お茶を点てよう!

ではさっそく、お茶を点ててみましょう。一般的に、大寄せの茶会や禅寺のもてなしに点てられる、1人1椀づつのお茶を「薄茶」と言います。
茶道について
こちらのエントリーでは基本的な薄茶の立て方が、写真入りで紹介されています。

1.お茶碗を温める。
2.茶筅の穂先を湯でなじませる
3.器の湯を捨て、茶巾でしっかり拭く
4.抹茶を入れる。茶杓2杯半が目安
5.茶碗に約4分の1弱ほどのお湯を入れる。お湯の量はあくまで好みで
6.茶筅をまっすぐ立て、穂先全体を使って点てる

お茶に浮かんでいる泡は、流派によって立てたり立てなかったり。ちなみに、表千家・武者小路千家はあまり泡を立てず、裏千家では泡をたくさん立てます。こちらも、流派を重んじない会であれば好みでいいでしょう。筆者はなめらかな触感を楽しめる、裏千家を好みます。
お茶をいただく作法は細かく存在しますが、気にせず、ぐいっといただきましょう。外の空気に触れながらいただくお茶は、おいしさもひとしおかと思います。
きちんとした作法が気になる方は、以下のエントリーを参考にしてみてください。

茶道INDEX

今回紹介したのは、気軽な人たちと楽しむいわば“野点ごっこ”。もちろん、本来の茶道とはかけ離れていますが、気さくに日本の文化に触れることも、貴重な伝統を残す上で重要なのではないでしょうか。興味を持った方は、ぜひとも我流の野点を楽しんでみてくださいね。

Title Photo by Paul Davidson

文: タニグチナオミ

関連エントリー