• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

こなたと一緒に勉強できる!「らき☆すた」で学ぶ化学の参考書が発売



中経出版 | 特 集

元素名や化学式など、とにかく覚えなければいけないことがいっぱいの化学。苦手な人にとっては、化学式を見ただけでクラクラしてしまうこともありますよね。10月7日(水)に発売された「『らき☆すた』と学ぶ 化学[理論編]が面白いほどわかる本」は、覚えにくく理解しにくい“物質の基本的なしくみ”や“物質どうしの反応”について、キャラクターのイラストを使いながら分かりやすく表現しているのが特徴です。

参考書に収録されているのは、高校の「化学I」と「化学II」で扱う「理論化学」の全範囲。泉こなたや柊つかさ、柊かがみ、高良みゆきといったおなじみのキャラクター達が、様々な化学現象をコミカルに解説しています。執筆は河合塾講師の松原隆志さんが担当しているので、定期テストや入試対策にも使える本格派です。

綴じ込み付録には、キャラクターのイラストが入った「元素周期表」も付いています。化学が苦手な人でも、こんな参考書ならちょっと手に取ってみたくなりますね。はてなブックマークのコメント欄では、「なぜらき☆すたwww」「俺が高校生のころに出ていれば今ごろ化学マスターになってたのに・・・」といったコメントが集まっていました。


『らき☆すた』と学ぶ 化学[理論編]が面白いほどわかる本

『らき☆すた』と学ぶ 化学[理論編]が面白いほどわかる本

文: 飯塚朋子

関連エントリー