• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

提供コンテンツ数35万超のiTunes U ―― いつでもどこでも世界の名講義を



アップルが運営する「iTunes U(アイチューンズ・ユー)」をご存じでしょうか。「iTunes Store」内で、名門大学の講義ビデオや音声など、35万を超える学習コンテンツが提供されています。

iPad - iTunes U - Apple

大学の講義などのコンテンツは、YouTubeをはじめ、さまざまなサービスで提供されています。その中でも、iTunes Uは、膨大な数の教育用コンテンツが整理されている点、iTunesを利用してiPhoneやiPodに簡単にダウンロードできる点で使い勝手がよいと言えます。

世界中の教育コンテンツを一望して、いつでもどこでも学習を始められるiTunes U。この魅力的なサービスを試してみない手はありません。さっそくiTunes Uの使い方と、提供されている講義を見ていきましょう。

■ iTunes Uを使ってみよう

<視聴とダウンロード>
iTunesを立ち上げてiTunes Storeに移動すると、「ミュージック」「App Store」などのメニューと並んで、画面右上に「iTunes U」のメニューがあります。これをクリックすると、iTunes Uへ。

20101013150042

さっそく講義を選択してみましょう。ここでは、ダウンロードランキングでトップ(2010年10月13日現在)の「Justice with Michael Sundel」を選択してみました。NHK「ハーバード白熱教室」でおなじみ、ハーバード大学のマイケル・サンデル教授の講義です。

20101013160506

講義の詳細の画面では、その場で講義を視聴したり、ダウンロードしたりすることができます。また、「リンクをコピー」「Twitterで共有」「Facebookで共有」といった共有のための選択肢も用意されています。

20101013161900

iTunes Uのコンテンツを利用する基本的な方法を見てきました。次は、講義を探す方法を紹介します。

<講義を探すには>
iTunes Uでは、35万を超えるコンテンツが提供されています。この中から興味を引かれるコンテンツを探すには、「Noteworthy(注目のコンテンツ)」「TOP DOWNLOADS(ダウンロードランキング)」や「カテゴリー」、「iTunes U QUICK LINKS」にリストアップされている「Universities & Colleges(大学のリスト)」「iTunes U Power Search(iTunes U 詳細検索)」が役に立ちます。それぞれ、ホーム画面の以下の部分からアクセスできます。

20101013164457

■ iTunes Uで提供されている講義

どのコンテンツから視聴すればよいか迷ってしまう場合は、講義をピックアップして紹介しているエントリーを参考にしてみてはいかがでしょうか。以下のエントリーでは、物理学、数学といった理系の講義が5つ紹介されています。

世界一流の講義を無料提供:『iTunes U』から5選 | WIRED VISION

慶応義塾大学、東京大学、明治大学、早稲田大学といった日本の大学も講義を提供しており、日本語の講義を視聴することができます。

東大など、講義をiTunes Uで公開 「ハーバード白熱教室 in Japan」も - ITmedia NEWS
ASCII.jp:慶応/東大/明治/早稲田がiTunes Uで講義ビデオなど配信

おもしろそうな講義を、以下に2つピックアップしてみました。東京大学の「学術俯瞰講義」では、音楽家の坂本龍一氏と東京大学の小林康夫教授による特別講義「音楽はどこにある?」を、慶応義塾大学の「ネットワーク産業論」では、iモード誕生の立役者である夏野剛氏の講義を視聴できます。

「情報が世界を変える」—学術俯瞰講義2007 - Download free content from The University of Tokyo on iTunes
ネットワーク産業論 2009 - Free Podcast by Keio University on iTunes

「講義」というと、堅苦しいイメージがありますが、楽しみながら視聴できるコンテンツもたくさんあります。ぜひ様々な講義を試聴してみてください。

■ おわりに

2010年夏、iTunes Uでのコンテンツのダウンロード回数が3億回を突破。今、学習のスタイルが大きく変わりつつあるのかもしれません。本記事で紹介したiTunes U以外にも様々な学習支援ツールや教育コンテンツ提供サービスがあります。さらに、ウェブを活用した学習や教育の潮流について知りたいという人は、梅田望夫 飯吉透 著 『ウェブで学ぶ』を手に取ってみてはいかがでしょうか。

ウェブで学ぶ ――オープンエデュケーションと知の革命 (ちくま新書)

ウェブで学ぶ ――オープンエデュケーションと知の革命 (ちくま新書)

文: イノアキ

関連エントリー