• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

またも「やりましょう」 ソフトバンク、エジプトとのSMS送受信を無料に



エジプトの大規模デモに伴う支援措置について | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
今回の支援措置は、エジプトに渡航・滞在しているユーザーと家族などが連絡を取り合えるようにするもの。対象は、国際ローミング中のソフトバンク携帯電話および、現地通信事業者のEtisalat Misr、MobiNil、Vodafone Egyptの3社です。実施期間は1月28日(金)0時から2月28日(月)23時59分(日本時間)までです。

サービス開始の発端はTwitterでユーザーから寄せられた、「孫さん、エジプトからのSMSは無料になりませんか?」という要望でした。これに対し同社の代表取締役社長、孫正義氏が「やりましょう」と返信、その約12時間後には支援措置を開始した旨をツイートしました。孫氏はこれまでにも、Twitter上で寄せられたユーザーからの要望を、「やりましょう」の一言で実現しています。

孫正義 on Twitter: "やりましょう。エジプトからのSMS無料。エジプトにいる皆様の御無事祈っています。 @yukinegyさん達、頑張って下さい。RT @kanaya: 孫さん,エジプトからのSMSは無料になりませんか?"


文: タニグチナオミ

関連エントリー