• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

100体以上のゾンビがパークを徘徊――USJの「ハロウィーン・ホラー・ナイト」9/23から



http://www.usj.co.jp/USH2011/night/
ニュース:株式会社ユー・エス・ジェイ

ハロウィーン・ホラー・ナイトは、9月23日(金)から10月30日(日)までの金・土・日・祝と、10月31日(月)の計20日間行われます。開催時間は、各日午後6時からパークの閉園時間までです。パークの入場チケットがあれば、参加は無料です。9月6日(火)から11月3日(木・祝)までの期間限定で開催されるハロウィーンイベント「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」の一環として行われます。

ハロウィーン・ホラー・ナイトでは100体以上のゾンビがパーク内を徘徊(はいかい)し、来場者を恐怖に陥れます。同イベントが始まる時間になると、照明やBGMが一斉に切り替わるそうです。ゾンビが現れるのは「ホラー・エリアI」と「ホラー・エリアII」で、エリア内の3箇所にはさらに怖い「スーパー・ホラー・エリア」があります。パークの入り口付近には、ホラーが苦手な人でも楽しめる「セーフティ・エリア」が用意されています。

アトラクションは、「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」や「ジョーズ」がホラーバージョンに。「ジュラシック・パーク」から逃げ出した肉食恐竜が大暴れする「スケアリー・ダイナソー」などのイベントも行われます。

レストランやフードカートでは、見た目もおどろおどろしい限定メニューを取りそろえるとのこと。中でもジュラシック・パーク内の「ディスカバリー・レストラン」はゾンビたちに占拠され、“薄暗い中に怪しげな恐竜の鳴き声のする恐怖のレストラン”へと変貌するそうです。特設サイトでは、提供されるメニューの写真が一部公開されています。

文: あおきめぐみ

関連エントリー