• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

浮世絵、家紋、マンダラ――大人のためのアートな「ぬりえ」を集めてみた


■ ぬりえで楽しむ“浮世絵”はいかが?

まずはデザイン豊富な“大人のぬりえ”を集めたこちらのエントリーから。


大人のぬりえ

上記のエントリーでは、風景、建物、植物、動物などをモチーフにした本格的なぬりえをダウンロードできます。歌川広重の「名所江戸百景」、葛飾北斎の「凱風快晴(赤富士)」といった“浮世絵”のぬりえや、“家紋”のぬりえなど、日本の伝統的なデザインが充実しています。

■ 色使いがセンスの見せどころ“マンダラ塗り絵”

続いては、飾っておきたくなるアートなぬりえです。


新・マンダラギャラリー | 春秋社

仏教の“マンダラ”の模様を塗る「マンダラ塗り絵」。画材や色の選び方によって、同じ模様でもまったく違う印象に仕上がるのが魅力です。上記サイトでは4種類のデザインをダウンロードできるほか、ユーザーが投稿したぬりえ作品も見ることができます。

■ 画材別の“ぬりえテクニック”

「上手に塗るためのコツが知りたい」「どの画材を使えばいいか分からない」という人にはこちら。


大人の塗り絵 | 株式会社サクラクレパス

サクラクレパスの「大人の塗り絵」のページでは、色鉛筆・水彩色鉛筆・クーピーペンシル・クレパス・水彩絵具という5種類の画材を使ったぬりえのコツを紹介しています。各画材の特徴も解説されているので、自分の塗りたいイメージにあわせて選んでみてください。


子ども向けと思いがちなぬりえですが、大人でも思わずハマってしまいそうですね。まずはどれからチャレンジしますか?


マンダラ塗り絵

マンダラ塗り絵


Title Photo by Horia Varlan

文: 飯塚朋子

関連エントリー