• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

皆既月食、12/10夜から全国で観測可能 2000年以来の“最高条件”



12月10日夜、皆既月食を観察しよう ―2011年12月10日夜、全国で好条件の皆既月食―
【特集】2011年12月10日 皆既月食

月食は、太陽・地球・月が一直線に並ぶ際に発生する天文現象です。月全体が地球の影に入り、太陽光が完全にさえぎられると、皆既月食になります。皆既月食中の月の色は「赤銅色」で、国立天文台によると、この色は「皆既月食ごとに変化する」とのことです。

今回の皆既月食は、始まりから終わりまでの全過程を日本全国で観測できます。天文情報サイト「アストロアーツ」によれば、全国的に月食中の月の地平高度は高く、“最高の条件”で見られるとのこと。月食のタイムテーブルは以下の通りです。

半影食の始まり 10日 午後8時31.8分
部分食の始まり 10日 午後9時45.4分
皆既食の始まり 10日 午後11時05.7分
皆既食の最大 10日 午後11時31.8分
皆既食の終わり 10日 午後11時58.0分
部分食の終わり 11日 午前1時18.3分
半影食の終わり 11日 午前2時31.7分

気象情報サイト「ウェザーニュース」は、12月10日の天気と観測予想マップを公開しています。当日は強い寒気が流れ込み、日本海側では雨や雪が降るそうです。その他のエリアでは観測のチャンスがあり、特に北海道の道東、関東、東海、西日本の広い範囲では好条件としています。

皆既月食2011 - ウェザーニュース

文: あおきめぐみ

関連エントリー