• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

三大流星群の1つ「ふたご座流星群」、12/14深夜にピーク 国内の広い範囲で観測のチャンス



【特集】2011年 ふたご座流星群

ふたご座流星群は、毎年12月中旬に出現します。2011年のピークは12月14日(水)夜~15日(木)早朝で、極大時刻は12月15日午前2時と予想されています。ピークには1時間あたり20~30個ほどの流星が見られるそうですが、天文情報サイト「アストロアーツ」によれば、2011年は月明かりの影響で観測できる数が少なくなる可能性があるそう。観測する際は、空が広く見渡せる見晴らしのいい場所で、なるべく月から離れた方向を眺めることを推奨しています。

ウェザーニューズが提供するインターネット気象情報番組「SOLiVE24」は、ふたご座流星群の様子を全国7ヶ所からネット配信します。配信時間は、12月14日午後11時から12月15日午前1時(14日深夜)です。
ふたご座流星群2017を楽しもう!|ウェザーニュース

文: あおきめぐみ

関連エントリー