100円で作れる撮影ボックスも オークションの「商品写真」を撮るコツ

■ 基本から上級テクまで、商品写真撮影のポイント

同じ商品を同じカメラで撮る場合でも、工夫次第でガラリと印象が変わります。

<ヤフオクが教える撮影テクニック>

Yahoo!オークション - 出品アイテム撮影上達テクニック Yahoo!オークション - 出品アイテム撮影上達テクニック

大手オークションサイト「Yahoo!オークション」では、商品写真の撮影テクニックの基本をまとめたページを公開しています。ポイントは次の6つです。

  • 画像ファイルの容量を抑える
  • 「ピンぼけ」を防ぐ
  • カメラを固定して「手ブレ」を防ぐ
  • 構図を工夫して見栄えを良くする
  • 背景と光を工夫する
  • 画像編集ソフトで補正する

まずはピンぼけや手ブレといった初心者にありがちな失敗を回避します。手ブレを確実に防ぐために、三脚はぜひ使いたいところです。

基本を押さえられたら、次は構図を考えます。商品の全体の形が分かりやすく、最も美しく見える撮影位置をじっくり探しましょう。後ろや横から撮影した写真もあわせて撮っておきます。

<コンパクトデジカメでプロっぽく撮影するには?>

商品撮影 プロのテクニック|NTT Com 個人事業〜中小企業のお客さま Biz-IT「ビジネスIT化支援」サイト 商品撮影 プロのテクニック|NTT Com 個人事業〜中小企業のお客さま Biz-IT「ビジネスIT化支援」サイト

Canon 撮影テクニック - 撮影テクニック編 Canon 撮影テクニック - 撮影テクニック編

撮影時は、商品のまわりに余計なものが写り込まないよう注意しましょう。テーブルに白い模造紙を広げ、その上に置いて撮影するだけでもグッと商品が引き立ちます。

フラッシュはオフに設定し、露出補正で明るさを調整します。商品全体を写した“標準カット”、部分的にアップにした“説明カット”など、必要に応じていろいろなパターンで撮影してみてください。

<商品別、撮影のヒント>

オークション映えする写真の撮り方  : ライフハッカー[日本版] オークション映えする写真の撮り方  : ライフハッカー[日本版]

ネットオークション写真の撮り方(前編) ネットオークション写真の撮り方(前編)

ネットオークション写真の撮り方 ネットオークション写真の撮り方

小さなアクセサリーを撮影する際は、中古の本、木目、メタルなどユニークな背景を使うと被写体が映えます。洋服など全体像を写す必要があるものは、白い壁を背景にするのがオススメです。

指輪や腕時計などは、立てて撮ることで立体的に見せたいですね。指輪なら、スチレンにカッターで切り込みを入れて差し込めばOK。腕時計は針金を使って、輪っかを固定して立たせましょう。

■ 100円で作れる撮影ボックス

専用の機材を買わなくても、家にある素材で簡単な撮影ボックスが作れます。

100円で作る撮影ボックス 100円で作る撮影ボックス

1,000円で作る撮影ボックス 1,000円で作る撮影ボックス

オークション写真のデジカメ撮影のコツ(1) [デジタルカメラ] All About オークション写真のデジカメ撮影のコツ(1) [デジタルカメラ] All About

これらのエントリーでは、ダンボールや模造紙、トレーシングペーパーなどを使い、撮影用のライティングボックスを自作する方法を紹介しています。市販の撮影ボックスは安価なものでも数千円はしますが、自作すれば100円~1,000円程度の予算で本格的な商品写真を撮影できます。


Title Photo by MJ/TR (´・ω・)

「デジカメ」に関連する商品 by BECOME