• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

アニメ「進撃の巨人」第5話を製作委員会が謝罪 “納期の都合”で放送局により内容が異なる



TVアニメ「進撃の巨人」本編内容について | TVアニメ「進撃の巨人」公式サイト

福岡放送(第4話「解散式の夜」の一部も含む)・北海道テレビ・テレビ大分の3局で放送された第5話「初陣」の一部内容が、MBS・TOKYO MX・テレビ愛知・BS11の4局と異なるとして、製作委員会が謝罪しました。内容が異なった理由を、以下のように発表しています。

「進撃の巨人」に関しましては皆様に間を空けずに楽しんでいただけるよう、各放送局のオンエアー日を極力揃えて放送しておりますが、この度は制作上及び放送局納品期限の都合により、このような放送形態となりました。

第5話の内容については、九州・北海道エリアの放送後に2ちゃんねるなどで「静止画が多い」と話題になっていました。原作に過激な描写が多いため、「規制が入ったのでは?」という声が上がっていました。

himarin.net - 
【進撃の巨人】九州・北海道放送版がエライことになってる

はてなブックマークのコメント欄には、「そんなギリギリなスケジュールで制作してるのか。先が心配だ」「がんばってくれ……(ノД`)・゜・」「本当の敵は巨人ではなく納品日」などの声が寄せられています。

テレビアニメ「進撃の巨人」は諫山創さんの同名マンガが原作です。アニメーション制作は、IGポートのグループ会社・ウィットスタジオが担当しています。

http://www.igport.co.jp/wit_studio.html

文: タニグチナオミ

関連エントリー