• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

おっぱいについて“まじめに”考えた本『おっぱいの科学』 東洋書林から刊行



東洋書林(書籍の詳細ページ)
Amazon CAPTCHA

『おっぱいの科学』は、アメリカの作家・ジャーナリスト、フローレンス・ウィリアムズさんによる“まじめな”本です。おっぱいにまつわるさまざまな話題から、体の仕組みの自然・不自然について考えます。

序章「乳房の惑星」から始まり、豊胸、妊娠と乳がんの関係性、母乳と粉ミルクの比較など幅広いテーマに言及。第2章「哺乳はこうして始まった」、第14章「乳房の未来」など、おっぱいの歴史について分かる章もあります。

おっぱいの科学

おっぱいの科学

文: 青山祐太郎

関連エントリー