• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

ついにドコモから! カバーは大根おろし器? アップルが「iPhone 5s」「iPhone 5c」を発表


<指紋認証でロックを解除>


iPhone - Apple(日本)

「iPhone 5s」は、最新のiOS 7を採用しています。アップルが“最良の前例”と自負したiPhone 5と同じ厚さ7.6mm、重量112gのボディに、64ビットのA7チップやM7コプロセッサーを搭載。ホームボタンには、触ると指紋認証でロックを解除する「Touch ID」が採用されました。カメラは、自動手ブレ補正機能の追加や撮影速度の向上など、従来より改良されています。

容量は16GB、32GB、64GBの3種で、アメリカでの価格は順に199ドル、299ドル、399ドル。カラーバリエーションはゴールド、シルバー、スペースグレイの3色です。

<初の廉価版はビビッドな5色で展開>


iPhone - Apple(日本)

「iPhone 5c」はiPhone初の廉価版です。アメリカでの価格は、16GBが99ドル、32GBが199ドル。OSはiOS 7で、A6チップ、8メガピクセルのカメラ、4インチのRetinaディスプレイ、iCloudなどを搭載しています。

ボディには、これまでのiPhoneには使用されていなかったプラスチックを採用しています。カラーバリエーションはホワイト、ピンク、イエロー、ブルー、グリーンの5色。金属では再現できない、鮮やかな発色が特徴です。

<ついにNTTドコモからもiPhoneが>

報道発表資料 : NTTドコモとApple、日本でiPhoneを9月20日(金曜)より提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

NTTドコモは9月20日(金)から、「iPhone 5s」と「iPhone 5c」の提供を開始します。「iPhone 5c」は、9月13日(金)からNTTドコモ取扱店で予約を受け付けます。

「iPhone」の取り扱い開始について同社の加藤薫代表取締役社長は、「斬新なiPhone 5sとiPhone 5cをお客様に提供できることを大変うれしく思います」と発表。アップルのティム・クックCEOは、「私たちは日本においてiPhoneで素晴らしい成功を収めており、実際は日本で一番売れているスマートフォンです。ドコモと共に新しいiPhoneをより多くのお客様のお手元に提供できることを心待ちにしています」とコメントしています。

日本で初めてiPhoneを販売したキャリアはソフトバンクで、2011年にはKDDIでも取り扱いがスタート。NTT ドコモは一部報道で何度もiPhone販売を報じられるも、実際の発売には至っていませんでした。“悲願”の取り扱い開始に、はてなブックマークのコメント欄には、「はいはい虚構虚構 あれ?」「このリリースが出る日が来るとは」「おめでとう日経!」などの声が寄せられています。

<今度は“大根おろし器”? iPhone 5cのケースが個性的>


iPhone - Apple(日本)

新しいiPhoneの発売でネットがにぎわう中、「iPhone5c」の純正ケースが“大根おろし器”に似ていると話題を集めています。早速、カバーで大根をすりおろすコラ画像を作るネットユーザーも。

【画像】 iPhone5Cの公式ケースが完全に 「大根おろし器」 な件www : 飲食速報(゚д゚)ウマ-
https://twitter.com/hkdmz/status/377498148505407488

「iPad 2」の保護カバーは“お風呂のフタ”、「iPhone 4」は“駅の自動改札機”など、発売のたびに何かに例えられてきたアップル製品。個性的なデザインは新しいiPhoneでも健在のようです。

文: タニグチナオミ

関連エントリー