• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

台風26号「ここ10~20年で最強クラス」 10/16朝、関東に接近



日本気象協会
台風26号 雨と風のピークは(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

台風26号の接近に伴い、広い地域で激しい雨が降ると予想されています。また、東海や関東、東北の太平洋側は暴風域に入る恐れがあり、「立っていられないほどの激しい暴風雨」となる見込みです。日本気象協会は、土砂災害や河川の氾濫、家屋の浸水を警戒し、不要不急の外出を控えるよう呼び掛けています。

日本気象協会が運営する「tenki.jp」のコンテンツ「日直予報士」は、台風の影響が大きくなると予想される近畿から北海道にかけての雨と風のピーク時間帯について、表にまとめて掲載。「雨の降る時間帯」と「暴風域に入る可能性のある時間帯」が重なる時間が、各地の雨と風のピークだとしています。

東北や北陸、関東から西の広い範囲で10月15日夜から雨が強まるため、tenki.jpは早いうちに避難経路の確認や屋外にある飛ばされやすいものの片付けなどをするよう呼び掛けています。

文: 芦谷乙佳

関連エントリー