読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都の多彩な「サンドイッチ」を、春の鴨川で食べよう “高級”カツサンドからフルーツサンドまで6種類

京都 グルメ コラム



フルール・ド・ファリーヌ(京都市中京区)

[食べログ]アクセスが制限されています
「FLEUR DE FARINE(フルール・ド・ファリーヌ)」は、レンガ造りの建物が目を引く中京郵便局のそばにあります。店内に入って左手にはデニッシュ系のパン、右手にはサンドイッチ類がずらり。サンドイッチは、食パンを使ったスタンダードなメニューだけでなく、クロワッサン生地で具材を包むようにした珍しい種類も並んでいました。中の具材も卵やカボチャ、チキンなどさまざまです。

購入したのは、「蓮根とツナのサラダMIX」と「ツナポテトサラダクロワサンサンド」。蓮根とツナのサラダMIX(写真左)では、たっぷりとはさまれたレンコンのシャキシャキとした歯ごたえが楽しめます。ツナもしっかりと味わうことができ、レンコンとのバランスも最適でした。

「ツナポテトサラダクロワサンサンド」は、クロワッサン生地とポテトサラダの味わいがうまく組み合わさっています。一口食べると、まずクロワッサン生地の香ばしさが広がり、その後にマッシュされたジャガイモの味にたどり着きます。クロワッサンの“サクサク”とポテトサラダの“しっとり”が同時に楽しめる、新食感のサンドイッチでした。

肉専科はふう本店(京都市中京区)

肉専科はふう 京都御所南の和牛ステーキを堪能できる洋食のお店
「肉専科はふう」は、和牛ステーキなどを味わえる洋食店です。京都御所の近くで、本店と御所南店を展開しています。今回足を運んだのは、大通りから離れた住宅地にたたずんでいる、和の雰囲気を特徴とした本店。昼には手頃な価格のランチメニュー、夜には極上牛を中心としたディナーメニューが楽しめるだけでなく、テイクアウト用にサンドイッチやお弁当も販売しています。

サンドイッチは「カツサンド」(1,900円)と「極上カツサンド」(5,000円)の2種類がありましたが、今回はカツサンドを注文。10分ほどで、出来立てを用意してもらえました。パッケージを開けると、あっと驚くほど分厚いカツをはさんだサンドイッチが、ぎっしりと3つ並んでいます。

ボリュームたっぷりの見た目ですが、とても食べやすく、丁寧に作られていました。カツもしつこくない上品な味わいで、分厚い肉の柔らかさを堪能できます。具材をはさむパン生地はトーストしてあり、パンそのもののおいしさにも目を見張りました。1つでも十分な満足感があるので、1セットを友だちや家族と分け合ってもよさそうです。

ヤオイソ烏丸店(京都市上京区)

創業120年 京都の老舗果物店 フルーツ&フルーツパーラー ヤオイソ
ヤオイソは、創業120年の歴史を持つ果物専門店。本店は四条大宮にあり、烏丸店は同志社大学の今出川キャンパス近くで営業しています。フルーツパーラーを併設しており、イチゴやメロンなどのフルーツをふんだんに使ったサンドイッチやパフェを楽しめます。持ち帰り用のメニューには、さまざまなフルーツサンドが用意されていました。

烏丸店のショーケースの前で悩んだ末、たくさんのフルーツが味わえる「スペシャルフルーツサンド」を購入。あふれんばかりのフルーツに期待が高まります。特に目を引くのが、大粒のイチゴ。このほか、キウイやパパイヤ、ハネデューメロン、パイナップルがサンドされています。

一口食べると、イチゴの甘みが口の中に広がります。実が詰まっていて、生クリームとの相性も絶妙でした。全体的に甘すぎず、1パック購入してもさらっと食べられます。パン生地は薄めで、フルーツそのものを食べているような印象も受けました。デザートとして食べたくなる1品です。


PAUL 京都三条店(京都市中京区)

PAUL > 店舗案内 > 京都三条店
フランスで1889年に創業した「PAUL(ポール)」は、2013年10月に京都三条店をオープンしました。フランス直輸入の小麦などを使ったパンは、店内の厨房で毎日焼き上げているそうです。本格的なフランスパンをはじめ、デニッシュ系やタルトなど、さまざまな種類が並んでいます。店舗を訪れたのはちょうどお昼時で、席はほぼ埋まっていました。

ショーケースに並べられているたくさんのパンの中から購入したのは「クロワッサン・ヴォライエ」。ケシの実をまぶしたクロワッサン生地で、蒸し鶏のサラダ、大葉、トマト、レタスをサンドした1品です。

中には新鮮なトマトがたっぷり入っていて、野菜サラダのような食べ応えがあります。大葉の風味もしっかりと残っていて、あっさりとした後味でした。食べ進めていくと、クロワッサン生地に付いたケシの実がいいアクセントと風味を加えてくれます。

Dai's Deli & Sandwiches(京都市中京区)

Dai's Deli & Sandwiches | Facebook
[食べログ]アクセスが制限されています
「Dai's Deli & Sandwiches(ダイズデリ&サンドイッチ)」は、京都らしい町家の中で営業しています。店内へ入って右手にサンドイッチやサラダが入った冷蔵ケースがあり、左手にはグラタンなどの惣菜を並べたテーブルが置かれていました。野菜も販売されています。冷蔵ケースをのぞき込むと、色鮮やかな商品がそろっていてどれを買おうか迷ってしまいました。

そんな中、手に取ったのは平日限定の「ミックスサンド」。エビと卵のサンドイッチとチキンを使ったサンドイッチがセットになっていて、どちらも具があふれそうなほどボリューム満点です。

エビと卵のサンドイッチは、エビのプリッとした歯ごたえが印象的でした。驚くほどたくさん詰まっていた卵は、粗めにマッシュされていて、素材そのものを楽しめます。ケチャップ風味のソースとの相性も抜群でした。チキンのサンドイッチでは、しっかりと味付けされた鶏肉の味わいを堪能できます。1つで十分お腹が満たされるので、がっつり食べたいという人にはぴったりです。パン生地も硬めで、食べ応えがありました。


風流な景色や優雅に泳ぐカモを眺めながら食べるサンドイッチは、どれも格別な味わいでした。川を吹く風も心地よく、のんびりしたいときや、観光の休憩にぴったりです。

京都の“おいしいパン屋さん”特集、前回までの記事は下記をどうぞ。
京都のおいしい「クロワッサン」5つを食べ比べ フランス本場の味、2種のクリーム入りも - はてなニュース
京都のおいしい「あんぱん」9種類を味わう 老舗の卵専門店や和菓子店が作る“逸品” - はてなニュース

All illustrations by やまだりょうみ
文: あおきめぐみ

関連エントリー