• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

北欧のデザイナー23人がデザインした手ぬぐいを展示 東京のスウェーデン大使館で



http://www.swedenabroad.com/ja-JP/Embassies/Tokyo/4/Calendar-jp/23--sys/
北欧デザイナー23人によるてぬぐい展「北欧流おもてなし『FIKA』の心」 4月9日(水)~23日(水)、スウェーデン大使館にて開催|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

「北欧流おもてなし『FIKA』の心」では、「デザインの背後にデザイナーの気もちがあり、デザインの向こうに人々の暮らしがある」との視点から、北欧のデザイナーが手掛けたさまざまな手ぬぐいを展示します。「FIKA」は、スウェーデンでは日常の中で友達や家族と集まりお茶を楽しむ時間を指します。同展では「FIKA」を“北欧流のおもてなし”と捉え、手ぬぐいの展示のほか、北欧ライフスタイルの中での使い方を提案します。

展示作品は、手ぬぐいの専門メーカー・かまわぬが染め上げました。特別展示として、スウェーデンで人気のイラストレーター、スティーナ・ヴィルセンさんが手ぬぐいの反物に描いた、長さ10メートルの作品「Welcome to Stockholm」も披露されます。

会場はスウェーデン大使館のベルイマン展示ホール。開館時間は午前10時~午後5時30分で、午後12時30分~午後1時30分は昼休みのため入館できません。4月18日(金)~4月20日(日)は、イースター(復活祭)のため休館します。

展示期間終了後の4月26日(土)~5月8日(木)には、東京・浅草のかまわぬ浅草店で手ぬぐいを先行販売します。その後は、全国の百貨店での巡回催事を予定しています。

文: タニグチナオミ

関連エントリー