読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栃木の空に“おじさん”が舞う――宇都宮美術館のプロジェクト「おじさんの顔が空に浮かぶ日」12/20実施

ゆるネタ カルチャー ヘッドライン



おじさんの顔が空に浮かぶ日

【シュール】え!?おじさんの顔が空に浮かんでる! - Togetterまとめ

宇都宮美術館は、美術館の外で美術・デザイン作品の楽しさを紹介する「宇都宮美術館 館外プロジェクト」を2013年度から実施しています。第1回として開催されたプロジェクト「おじさんの顔が空に浮かぶ日」(@umoa_ojisora)は、現代芸術活動チーム・目による「空に大きなおじさんの顔が浮かぶ風景をつくりだす」という提案から実現。市内にプロジェクト活動拠点「顔収集センター」を設置し、おじさんを自称する218人の顔モデルを集めました。空に浮かぶのは、市民が参加した「顔会議」で選び抜かれた1人の“おじさん”です。

プロジェクトの実行日は12月13日と12月20日。しかし12月13日のイベントは、強風のため12月14日に延期されました。当日会場に足を運んだ参加者は、さまざまな角度から捉えた“おじさんのいる風景”を続々とTwitterに投稿。遠近法を使って手のひらに乗せているようにしたり、バイクのエアバックに見立てたりして撮影するなど、撮影者によるこだわりも見られます。

12月20日の開催場所は、宇都宮市立錦小学校。校内への立ち入りは禁止です。専用駐車場の用意もないため、公共交通機関または最寄りの駐車場を利用するよう呼び掛けています。浮上予定時間は午後3時~午後7時。雨天の場合は12月21日(日)に延期されます。

おじさんの顔が空に浮かぶ日 | 会場マップ(PDF)

文: あおきめぐみ

関連エントリー