読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドコモが“爆速”で餃子を作ってみた 「3秒クッキング」動画第2弾

ゆるネタ グルメ ヘッドライン



「3秒クッキング 爆速餃子」篇 - YouTube

PREMIUM 4G(TM) 〜LTEは次のステージへ〜 | エリア | NTTドコモ

「3秒クッキング 爆速餃子」篇では、NTTドコモが3月27日(金)から提供する新サービス「PREMIUM 4G」の通信速度を餃子で説明しています。同サービスの特徴である「複数の周波数帯を1つに束ねて、通信速度を向上させる」を表現するべく、“爆速”で餃子を調理するための装置が開発されました。ひき肉と白菜を、2つの発射口にそれぞれセット。シェフが叫び声を上げながらスイッチを押すと、具材が混ざり合い、勢いよく射出されます。

飛び出した具材は、太鼓の振動によって舞い上げられた塩こしょうの中を通過。その後、噴水のように噴き上がったニラとニンニクの中を突き進みます。そして、膜のようにピンと貼られた餃子の皮へと直進。皮をまとった餃子は、タイミングよく噴き出した炎に包まれます。こんがり焼かれた餃子は、待ち構えていたキャッチャーのスチーム式鉄板ミットの中にそのまま収まりました。“爆速餃子”の完成です。

前回は3秒で作る「爆速エビフライ」篇を公開していた同シリーズ。今回の餃子は、果たしてエビフライよりも“爆速”だったのでしょうか。
「3秒クッキング 爆速エビフライ」篇 - YouTube

文: あおきめぐみ

関連エントリー