• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

皮のレシピや焼き方、タレまで――家庭でおいしい餃子を作る方法


■おいしい餃子を作ろう!

<餃子の情報が満載!>
専門学校のメリット・デメリット – 専門学校のメリット・デメリットを紹介
餃子の歴史をはじめ、材料や包み方、余った具の活用法など、基本から実践まで、幅広い餃子の情報が紹介されているのがこちら。スープカリー餃子サンマ餃子といった変わり種のレシピも掲載されています。


<プロに学ぶ餃子レシピ>
餃子職人のおいしい餃子レシピ
こちらのサイトでは、餃子一筋30年の料理人による、おいしい餃子のレシピが紹介されています。家庭で参考にしたい、プロならではの“おいしさのコツ”がたくさん書かれているのがポイント。


<おいしい餃子は皮から>
おいしい餃子の皮
ついつい市販のもので済ませがちな「餃子の皮」ですが、時間に余裕のあるときは皮も手作りしてみてはいかがですか?材料は、小麦粉とお湯、打ち粉と至ってシンプル。力を込めて練り上げて、おいしい皮作りに挑戦してみてください。

■焼き方のコツは?

さまざまな調理方法がある餃子ですが、日本でメジャーなのが焼餃子。「フライパンで焼くだけ」と思っている方も多いかもしれませんが、水を多く入れすぎてし皮がふやけたり、火が強すぎて焦げたりと、失敗することも多い調理法なのです。そこで、「おいしい焼き方を知りたい!」と思った方にオススメしたいのが、新潟県長岡市にある「らーめん処潤 蔵王橋店」による、「家庭でできる!!うまい餃子の焼き方 」という動画。
<動画で見る餃子の焼き方>

家庭でできる!!うまい餃子の焼き方 - YouTube
ここで紹介されている焼餃子のポイントは以下の通りです。

  • 熱したフライパンに油をひき、餃子を並べる
  • 餃子の高さの半分くらいまで水を入れる
  • フタを閉めて4~5分蒸す
  • 水がなくなったらもう一度油を入れてからフタをして、しばらく焼く

蒸した後に、再度油を入れるのがコツのようです。


<羽付き餃子の作り方>

パリパリ羽根付き●餃子● by ぷりマン [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが258万品
カリカリの食感と、愛らしい見た目が魅力の羽付き餃子。こちらのレシピでは、餃子を蒸す際に入れる水に小麦粉と調味料をまぜ、“羽”を作っています。お店では良く見かける羽付き餃子も、自宅で簡単に再現することができるので、ぜひ試してみてください。

■焼餃子に水餃子…タイプ別自家製タレのレシピ

http://www.gyoza-do.com/guidance/tare.html
おいしい餃子を食べるなら、タレまでこだわりたいもの。上記のエントリーでは、水餃子や焼餃子、蒸し餃子など、種類別のタレの作り方が紹介されています。市販されているタレに飽きたら、ぜひ自家製のタレを作ってみましょう。


Title Photo by Hyougushi

文: タニグチナオミ

関連エントリー