• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

ここにもはてなブックマーク 第3回「Amazonカスタマーレビュー」

「ここにもはてなブックマークが!」と思わず驚くような、ブックマークが付いている意外なページを紹介します。第3回は「Amazonカスタマーレビュー」。


f:id:hatenanews:20170706164448p:plain


全体のブックマークから検索する - はてなブックマークヘルプ

はてなブックマークの検索機能を使うと、ブックマークが集まっているさまざまなページを多方面から見つけることができます。気になったキーワードはもちろんのこと、ページそれぞれに付けられた「タグ」や、URLを指定して検索することも可能です。今回の企画では、検索フォームに「特定のURL」を入力し、はてなブックマークで話題になっているサイト内のページを見つけていこうと思います。

第3回は「Amazonカスタマーレビュー」。Amazon.co.jpで取り扱っている商品に関する意見や感想を公開できる機能で、ユーザーにとっては商品を購入するかどうかを判断する見極めの場にもなっています。集まっている内容は、商品に対する良い・悪いなどのレビューはもちろん、感動のあまり熱のこもった長文の感想や、商品をきちんと生かした小説のような文章などさまざま。奥深い世界観が広がっています。早速、フォームに「www.amazon.co.jp/review/」と入力してみましょう。

『アマゾン: Amazon | 本, ファッション, 家電から食...』 の人気エントリー - はてなブックマーク

<月刊ムー オフィシャルTシャツ>

Amazon.co.jp: 月刊 ムー オフィシャルTシャツの マイストア表示履歴お客様へのおすすめおすすめ商品を正確にするさんのレビュー

学研プラスの月刊誌『ムー』とアパレルブランド「ハードコアチョコレート」のコラボで誕生したこちらのTシャツ。「光る扉を見ました,」とのタイトルで投稿されたカスタマーレビューは、「たまたま帰宅が遅くなり、帰路を急いでいた所、ふと気づくと全く知らない道を歩いていました。おかしいな。いつもの帰り道と同じ風景のはずなのに」という物語のような文章から始まります。次第に支離滅裂になっていく内容。『ムー』のオカルト誌らしさを感じて少しぞっとしてしまいます。このTシャツを着ると、このカスタマーレビューのように不思議な体験をしてしまうのかも。

<試験管立て>

Amazon.co.jp: 試験管立て(木製)径18mm×6本用の のぶりんさんのレビュー

「そんな使い方があったのか!」という気付きがあるのも、カスタマーレビューの醍醐味(だいごみ)かもしれません。こちらは普通の試験管立てですが、投稿者は歯ブラシスタンドとして活用しているのだそう。市販だと4本しか使用できない歯ブラシスタンドが多く、5人家族の投稿者は困っていたようです。さらには「試験管伏せにはうがい用のコップをかぶせてます」というアイデアも。試験管立ての構造を巧みに使いこなしています。

試験管立て(木製)径18mm×6本用

試験管立て(木製)径18mm×6本用

<おいでよ どうぶつの森>

Amazon.co.jp: おいでよ どうぶつの森の chrisaniaさんのレビュー

ニンテンドーDSソフト「おいでよ どうぶつの森」のカスタマーレビューに寄せられたのは、日々の生活が忙しくて心に余裕がなく、なかなかゲームをする時間が取れなかったという投稿者の“きっかけ”の話。仕事がひと段落し、なんとなく釣りをしたくなってゲームを起動させると、たくさん届いていたメールの中から、ゲームを始めた頃に未来の自分に宛てたメッセージを見つけたそうです。その内容を見て、ゲームを始めた日のことや、人生にあったさまざまな“始まりの日”を思い出したという投稿者。読んでいると、こちらまで「頑張ろう」という気持ちが湧いてきます。

おいでよ どうぶつの森

おいでよ どうぶつの森

<100兆ジンバブエ・ドル紙幣>

Amazon.co.jp: 100兆ジンバブエドル 100000000000000ドル ハイパーインフレ ジンバ...の マックスさんのレビュー

2008年のハイパーインフレーションが原因で、「100兆」という桁外れな紙幣が存在したかつてのジンバブエ。2017年現在はジンバブエ・ドルそのものが廃止されたため、発行を停止しています。カスタマーレビューには、そんな100兆ジンバブエ・ドル紙幣が生まれた経緯を解説している投稿者が。これによると、100兆ジンバブエ・ドルは日本円にして0.34円の価値だそうです。


カスタマーレビューを眺めていると、いろいろな学びがあります。ぜひ検索からたどって“名作”を見つけてみてください。「ここにもはてなブックマーク」次回もお楽しみに。

最終回:全国こども電話相談室


文:あおきめぐみ

関連エントリー