• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

ガムテープで文字を書こう!―ネットで話題のあの「フォント」がついに書籍化



ガムテープで文字を書こう! ―話題の新書体「修悦体」をマスターして

ガムテープで文字を書こう! ―話題の新書体「修悦体」をマスターして

  • 作者: 佐藤修悦(さとうしゅうえつ)
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2009/04/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 11人 クリック: 615回
  • この商品を含むブログ (31件) を見る

「修悦体」を作ったのは、佐藤修悦さんという一般の警備員さん。もともと、駅構内で迷う人のためにガムテープを使って案内表示を作っていたのが始まりだそうです。佐藤さんのこだわりを持って作られた、目を引く色遣いや見やすいゴシック調の文字が、YouTubeやブログを中心に話題を集め、メディアにも取り上げられるようになりました。最近では映画「まぼろしの邪馬台国」のタイトル文字にも使用されたそうです。

今回発売されたこの書籍は、修悦体が生まれたきっかけや、修悦体を書く上でのポイントなどが解説されています。ブックマークコメントでは「どうせなら修悦体フォント作って添付しちゃえばいいのに」という声も。

「修悦体ってどんなフォント?」という方には、修悦体をネットで最初期に取り上げた企画集団トリオフォーによる以下の動画がおすすめです。


文: 山田聖裕

関連エントリー