ビール注ぎの名人直伝! 家庭でおいしいビールを注ぐ方法

家庭でおいしくビールを注ぐには?

麦酒新報のこのページでは、日本一のビール注ぎの名人と言われた、「灘コロンビア」の故・新井徳司さんから教わったというビールの注ぎ方を紹介しています。できるだけ日付が新しく鮮度の高いビールをよく冷やした上で、自然乾燥させた大きめのグラスに注ぐのがコツとのこと。気になる注ぎ方は以下の通り。

1. 高い位置から勢いよく一定のスピードで注ぐ

2. 泡がグラスの縁まで来たら、注ぐのをやめる

3. しばらくそのままにし、泡が落ち着いたら飲み頃

4. 泡と液体の比率が気になるときは、さらにビールを注ぎ足す(今度はゆっくり静かに)

こうして注がれたビールの泡はきめ細かく、マッチ棒を刺しても沈まないほどの粘り(コシ)が出るそうです。市販のビールをもっとおいしく飲みたいという方は、一度試されてみてはいかがでしょうか。


グラスの縁から

グラスの縁から

「ビール」に関連する商品 by BECOME